ワコール

ホーム > 下着の基礎知識 > お取り扱いについて

下着の基礎知識。快適に、下着を身につけるためにぜひ知っておきたい基礎知識

洗濯方法

下着の洗濯で1番大切なことは、からだから出た汗や皮脂などを早く落として、汚れをそのままにしないということです。汚れたままにしておくと、素材の通気性や吸湿性、保温性、柔軟性などが失われて、素材の傷みを早めてしまいます。また、汚れは長くおくほど落ちにくくなります。こまめに洗うことを心がけましょう。

洗濯の際は下着特有の繊細な素材と形をくずさないよう、基本的には手洗いをおすすめしています。洗濯機を使用する場合にも、やさしく丁寧な取り扱いを心がけることが大切です。

洗濯前のチェック

取り扱い絵表示を確認
取り扱い絵表示ラベルに記されている洗濯の仕方を洗濯前に必ずチェックして、洗濯方法を確認しましょう。
色の濃いものと薄いものを分ける
一緒に洗うと色移りすることがあります。手洗いの場合は白いもの、淡い色のもの、濃い色のものの順で洗いましょう。ふれたり重なったりしないようにする注意も必要です。
金具のあるものは、必ず閉める
形がくずれるのを防ぐために、ブラジャーはフックをかけ、ファスナーは必ず閉めておきましょう。ストラップレスタイプのブラジャーは、肩ひもを外して、別洗いにするほうが安全です。
挿入パッドは別に洗う
取りはずしができるパッドは、ウレタンや不織布などを布でおおってあるため、洗剤が残りやすいので別洗いにする方がよいでしょう。
洗剤はよく溶かす
洗剤を直接ふりかけたり、量が多すぎると、色落ちや変色、生地を傷めることになります。洗剤を充分に溶かしてから、洗濯ものを入れることが大切です。

洗濯方法
絵表示が<手洗い>の場合
大きめの容器を使って、軽くふり洗いか、汚れのひどいところはつかみ洗いをします。もみ洗いやねじり絞りは、型くずれや素材を傷める原因になるので避けましょう。
図解
すすぎは充分にしましょう。洗剤が残っていると黄ばみや色おちの原因になってしまいます。

干す前に軽く振ってから、大きめのタオルを用意して包み込むようにやさしく水気をとってください。
絵表示が<洗濯機>の場合
ブラジャーはホックをとめて、下着用の洗濯ネットにアイテム別、同系色ごとに分けていれます。色移りしそうなものには気をつけてください。
図解
弱水流で5〜6分程度洗います。全自動の場合は、ソフト洗いやランジェリーコースなどを選び、長く洗いすぎないように注意しましょう。

<使用洗剤の注意>
・洗剤について
絵表示で「中性」と指定されているものや、シルクやウール素材は、中性洗剤を使用します。酵素入り洗剤や弱アルカリ性洗剤は、生地を傷めてしまいますので避けてください。綿、麻、合成繊維のものは弱アルカリ性の洗剤で洗います。弱アルカリ性洗剤に蛍光増白剤が配合されている場合は、色ムラ状に変色することがあるので、よく溶かしてから洗濯ものを入れることが大切です。
・柔軟剤について
リンスのような役目をはたす柔軟剤は、仕上がりの風合いや肌触りをよくするのに効果的です。※素材により、柔軟剤を使用できないものもありますのでご注意ください。
・漂白剤について
塩素系の漂白剤は、生地を傷めたり、変色や黄変、ポリウレタンの脆化を促進するので、使用は避けてください。

乾燥方法
脱水は短時間で行い、脱水が終わったら、すぐに陰干しをします。濡れたまま放置しておくと、色がにじんだり、色移りしたり、しわの原因になります。ワイヤーやボーンが入ったものやシルク素材は、バスタオルに手早く包んで押し絞りをしてください。
<型直し>
<型直し> 洗濯が終わり、干す前に大切なのが「型直し」です。レースの縮みを防ぐという意味でもとても重要です。ブラジャーの場合は、湿っているうちにカップの中央に指を入れて、カップを伸ばして形を整えましょう。ランジェリーやニットインナーなどは、タテ、ヨコの順にやさしく引っ張って、しわを伸ばしてください。繊細なレースや生地は、手のひらの間にはさんで丁寧にのばしましょう。
<干し方>
<干し方> どのアイテムも、基本的には着用状態に近い状態で、風通しのよい日陰に干してください。伸びにくいカップの下2カ所を洗濯バサミではさんで干しましょう。直射日光による紫外線は、黄ばみや色あせ、素材を傷める原因となるので避けてください。

※乾燥機の使用について 型くずれや熱によるトラブルがあるため、乾燥機の使用は避けてください。素材によっては、縮んだり、生地を傷める原因になります。


収納方法

ブラのたたみ方
図解

収納の仕方
・湿気が少しでも残っていると、しわや変色、カビの原因になるので、よく乾かしてから収納してください。

・できれば下着専用の引き出しに、取り出しやすいように収納するのが理想的です。詰めすぎると、ブラジャーのカップが変形したり、シワの原因になるので、正しくたたんで、ゆったりと収納しましょう。

※来シーズンまで収納する場合は、風通しをよくし、湿気が残らないように乾燥させます。ビニール袋などで密封しての長期収納は、ムレの原因となりますので避けてください。シルクやウールには防虫剤を入れてください。ウールは湿気を嫌うので、あわせて乾燥剤も入れて保管するのが望ましいです。