ワコール

ホーム > 下着の基礎知識 > ガーターベルトについて
ガーターベルトについて
HOW TO ガーターベルト
ガーターベルト

・ガーターベルトの使い方アレコレ

ワンピースやスカートファッションにコーディネートするのが一般的。
また、ウエディングドレスの下に真っ白なガーターベルトとサムシングブルーの靴下止めを組み合わせるのもとてもロマンティック。
でも、大胆にわざと見せて使うのも可愛くてオススメ。
例えば、ホットパンツの下に着けてみては。これってカジュアルでしかも可愛い!
また、アクセサリーとしてベルト代わりにガーターで遊んでも。

ガーターベルトって「ストッキングがずれない」「涼しい」という実用性もありますが、それだけを求めるというよりおしゃれ心を満たしてくれるアイテムです。

・ガータベルトの着け方のコツ

軽く片足を台の上に置き着けると、ガーターにゆとりができて「つけやすく&セクシーな気分」が味わえます。
後ろのハング(留め具)は真後ろではなくやや脇よりにつけるのもポイント。
真後ろでは座ったとき痛いですから。

・お悩み解決「ショーツとガーターベルトはどっちが先?」

基本的には、ガーターベルトにストッキングを留めてその上からショーツです。
トイレにいく度にストッキングをはずしていると大変だから。
でも、その手間を惜しまないという方ならガーターを上にしてもOKです。

基本的なガーターベルトのつけ方
ガーターベルトのつけ方イラスト

01. ストッキングをふとももまで上げます。

02. ガーターベルトをウエスト位置につけ、ホック(金具)を止めます。

製品によっては前ホック・後ホック・ホックなしのタイプもあります。
ショーツの上に着用していますが、ショーツの下につける方がより実用的なつけ方です。

03. テープ部分を前から順にストッキングに留めます。

金具にはボストンタイプとZ金具タイプのものがあります。
製品のタイプに合わせて、専用のストッキングをお選びください。
ガーターベルトのつけ方イラスト