mv1

「骨盤ベルト」はどんなもの?

2019.02.03

骨盤ベルト

なぜ必要?

骨盤ベルトの役割はズバリ「骨盤サポート」。
では、なぜ骨盤のサポートが必要なのか、産前、産後それぞれ見ていきましょう。

産前

妊娠中に姿勢が変化することによって、妊婦さんの腰には負担が増えます。
この原因として考えられるのが、出産が近づくにつれ、妊娠に伴う体重増加や胎盤からのホルモンの働きによって、背骨や骨盤周辺の靭帯や筋肉が徐々にゆるんでくること。
加えて、妊娠中期以降、前へと大きくなるおなかをささえるために上半身を後ろに反らしてバランスをとるようになっていくことです。

骨盤ベルトを着用することで負担のかかりがちな腰をやさしくサポートします。

p3

産後

出産後、骨盤周辺の靭帯や筋肉などは自然に元に戻り始めますが、すぐに戻るわけではありません。
骨盤ベルトを着用することでに骨盤の戻りをサポートします。

どんな種類があるの?

「産前・産後骨盤ベルト」と「産後骨盤ベルト」があります。

産前・産後骨盤ベルト

妊娠中のおなかのふくらみを考慮しておなかが押さえられないような設計になっています。
また、骨盤まわりの3つのサポートポイント(恥骨結合・大転子・仙腸関節)を環状にサポートする構造で腰の負担をやわらげます。

i2
おなかや腰をやさしくサポート

つけている感じがしないほど、動きのじゃまになりません。
おしり側からつけることができて、自分で調節しやすいのも良いですね。

商品をみる

産後骨盤ベルト

後ろ側の伸びのよいリブ素材でほどよいサポート感がある産後専用のベルトです。

いつから、いつまで着けたらいいの?

妊娠中は腰に負担を感じ始めたらお使いください。
妊娠中期以降に使用を始められる方が多いですが、妊娠初期から腰に負担を感じる方もいれば、妊娠後期になっても負担を感じない方もいて、個人差があります。
ですので、ご自分が腰に負担を感じるようになったタイミングでの使い始めがおすすめです。
産後のご使用のスタートは、出産直後から。
出産後すぐは、からだの回復に個人差もありますので、お医者様に確認しながら始めるようにしましょう!
だいたい産後1~3ヵ月くらいまでの使用が目安です。着用している方がサポート感がここちよいと感じられる間は3ヵ月を目途としてお使いいただけます。

サイズの選び方

購入時のヒップのサイズでお選びください。
産後骨盤ベルトは出産後の実サイズでお求めになられるのが理想ですが、出産準備品として事前にご準備いただく場合は妊娠8ヵ月以降を目安に以下をご参考にしてサイズをお選びください。

1.現在のヒップサイズを測り、サイズ表からお選び下さい。

2.ヒップサイズの許容範囲が2 つのサイズに重なる場合や、許容範囲の最大値に近い場合は、大きい方のサイズをお選びください。

準備時期は?

腰に負担を感じ始めたらご準備ください。
また、出産後は出産したその日から使い始めるため、入院準備の時にご用意いただくと、急なお産の時にも安心です。

一覧へ戻る