mv1

「マタニティブラ」はどんなもの?

2019.02.03

マタニティブラ

なぜ必要?

妊娠に気づいた妊娠初期の時点で、すでに出産後の母乳の準備のために乳腺が活動し始め、バストは普段よりも敏感な状態に。

妊娠10カ月では、約2カップ程度ボリュームアップし、ずっしりと重たくなります。

さらに、バストは前へ前へと高くなるのではなく、下半分から脇へと大きくなります。

このようなマタニティ特有のバストの変化を妨げず、変化に合わせてサポートするのがマタニティブラジャーの役割です。

p4

どんな種類があるの?

マタニティ専用のブラジャーはカップ部や脇部に伸びのよい素材を使っているので、変化するバストを押さえにくいつくりになっています。

また授乳しやすい機能が備わっているため産後までお使いいただけます。

ワイヤータイプ・ノンワイヤータイプの2つがあり、さらに、ノンワイヤータイプには、サポート力のあるタイプとリラックス感のあるタイプがあります。

ワイヤータイプ

ソフトな着用感でありながら、大きく重たくなる産前産後のバストをワイヤーで支えるので安定感があり、またシルエットもキレイにととのえます。

i8
つけ比べると歴然!マタニティ専用ブラは、つけごこちもサポート力も全く違います!

ふだんのブラより生地が伸びる!
マタニティ用の「2Wayマミーブラ」はカップが深く、素材の肌あたりがよりやさしい感じです。
ワイヤーが肌にあたっても痛くならないように厚手のクッションが内蔵されているし、ホックが4段階なので、妊娠中はゆるめに設定したりとつけごこちも調整できました。
胸が大きくなるにつれ、重みが増すのでブラジャーでしっかり支えてあげるとからだがラクです。
それに「2Wayマミーブラ」は、着用した時の胸のシルエットもキレイだからおでかけ時にもオススメ!
カップをズラすだけで授乳できるし、産後まで大活躍でした。

商品をみる

ノンワイヤータイプ(サポート力のあるタイプ)

綿混素材のやわらかな肌触りと、バストのボリューム変化に対応して手のひらで包み込むように支える「手のひら構造」でノンワイヤーなのに、きちんとバストを支えます。

i9
マタニティ専用ブラだと、妊娠中でもキレイ目をキープ。かゆい所に手が届く工夫はさすがです!

仕事柄、妊娠中もスーツを着用していました。
そんな時、気になったのがバストライン。
ラクな下着だと胸が下がり気味になりますが、「ファーストマミングブラ」はノンワイヤーでつけごこちはラクなのに、高い位置でキレイなバストをキープ。
Vネックの洋服がいつも通りに着こなせたのが嬉しかったです。

商品をみる

ノンワイヤータイプ(リラックス感のあるタイプ)

もっともリラックス感のあるタイプです。
とりはずし可能な成形カップでバストのシルエットがきれい。
素材や肌触りにもこだわっている商品などもあります。

ブラ選びのススメ

お出掛け時やお仕事時などバストシルエットをすっきり見せたい時
ワイヤータイプがおすすめ!
つわり期やリラックスしたい時
ノンワイヤータイプ(リラックス感のあるタイプ)がおすすめ!
入院準備で授乳ブラを用意する場合
横になって過ごすことが多いため前開きのノンワイヤータイプ(サポート力のあるタイプまたは、リラックス感のあるタイプ)を用意することをおすすめします。その中でも全開になるタイプは乳房ケアなどを受ける時に便利です。

産後専用

シルエットをすっきりととのえながらも授乳ができるタイプ。
産後のバストシルエットが気になる授乳ママにおすすめです。

いつから、いつまで着けたらいいの?

妊娠に気づいたらマタニティ専用ブラに着替えましょう。
それぞれのブラによって着用期間とタイミングが違います。
以下でチェックしましょう!

産前・産後兼用

ワイヤータイプ

妊娠中と産後の日中専用です。出産直後から1ヵ月間の産じょく期はお休みです。

ノンワイヤータイプ(サポート力のあるタイプ)
ノンワイヤータイプ(リラックス感のあるタイプ)

産じょく期の使用が可能で、就寝時も使えます。

産後専用

産後の日中専用です。
卒乳後もサイズが合えばそのまま使い続けていたくことができます。

サイズの選び方

カップサイズ(C70 などの表記)のあるブラジャーは、購入時のアンダーバストとトップバストの採寸数値の許容範囲で決めます。

ワコールのマタニティ専用のブラジャーはカップもアンダーも伸縮素材を使い妊娠中の変化に対応できる設計となっていますので、サイズ変化を考慮して大きいサイズを選ぶ必要はありません。 購入時の「ジャストサイズ」でお選びください。
ただし、サイズ変化には個人差もありますので、月数が進み、お選びいただいたブラジャーがきつく感じたらもう一度採寸し、サイズアップをご検討ください。

一般のブラジャーとマタニティブラジャーの違い

マタニティのバストは、単にサイズアップするだけではなく、かたちも変化していくため、マタニティブラはサイズとかたち、その両方の変化に対応できるようにつくられています。
一方、妊娠前の一般のブラジャーはバストを美しく補整するためのもの。
しかも、妊娠中の急激なバストの変化に対応するようにはつくられていないため、マタニティの時期に着用すると、変化したバストを押さえつけてしまう場合があります。
下の「今すぐブラチェック!」の項目をを確認してみて、ひとつでもあてはまったら、ブラジャーのサイズが合っていないか、バストのかたちなどが変化している可能性があります。
早めにマタニティブラに着替えましょう。

p3-2

準備時期は?

妊娠と分ったらまずマタニティ専用のブラジャーに着替えることを検討しましょう。

入院準備で授乳用ブラを用意する時は、妊娠8ヵ月に準備をしておくと急なお産の時でも安心です。

一覧へ戻る