mv1

「マタニティパジャマ」はどんなもの?

2019.02.03

マタニティパジャマ

なぜ必要?

出産までに約18cmアップするおなか。※
マタニティパジャマのトップスは、おなかの変化に対応するゆとり設計と長めの着丈でおなかをすっぽり包み込みます。
ボトムもおなかの変化に対応し、大きくなるおなかを包み込むように設計されています。
マタニティの体型変化に対応するマタニティパジャマで就寝時も快適に過ごしましょう。

※ワコール人間科学研究所調べ

どんなタイプがあるの?

入院時に便利な着丈長め、前開き(全開)タイプがあります。
また赤ちゃんとの初めての時間を過ごすのにふさわしいセレモニー感のあるデザインもあります。
さらに病室の外で人目が気にならないアンサンブルタイプなど入院中に過ごしやすい工夫が色々あります。

\前開き(全開)タイプ/

i25

\セレモニー感のあるデザイン/

i25
パジャマをすべてみる

\アンサンブルタイプ/

i25
パジャマをすべてみる

いつから、いつまで使ったらいいの?

妊娠中期頃から、一般のパジャマがきつくなってきたらお着替えください。
その後は入院時を経て産後まで、授乳をしている間は授乳がしやすいので便利です。

サイズの選びかたは?

バストと腹囲、ヒップの採寸数値の許容範囲で決めます。

一般のパジャマとの違い

マタニティ用は、大きくなるおなかに対応する伸縮素材や設計になっているところ、授乳開きがあるところが一般のパジャマとの違いです。

一覧へ戻る