mv1

「産後用ガードル」はどんなもの?

2019.02.03

産後用ガードル

なぜ必要?

産後用ガードルの役割は、気になるおなか・ウエスト・ヒップ・ふとももの引き締めと骨盤のサポートです。
出産後、からだは自然に回復していきます。
出産直後から産後3ヵ月頃は特に戻りのよい時期と言われています。
しかし気になる部分のお肉はすぐには落ちていきません。
産後1ヵ月を過ぎると普通の生活に戻りはじめ、お出掛けの機会も増え、体型が戻っていないことからお洋服のシルエットが気になるというママの声もよくお聞きします。
いち早く美しいシルエットを実感していただくために、産後のママのからだを考えて設計した産後専用ガードルがおすすめです。

p5

どんな種類があるの?

どのタイプにも共通の機能は、「おなかの引き締め」と「骨盤サポート」です。
パワーのお好みに合わせて、ハード・ミディアム・ソフトの3つから選べます。ハードやミディアムは、はきこみの深さが深いハイウエストタイプ(ジャストウエストから約9cm上)なのでウエストをしっかり包み、気になるハミ肉をのがしません。
ソフトタイプは軽いはきこみ丈のジャストウエストタイプでソフトな着用感ながら下半身のたるみを引き上げ、スリムなシルエットにととのえる機能があります。

しっかりサポートの
ハードタイプ

i11
気になるところを気持ちよくシェイプ!

「シェイプマミーガードル」は、フックとファスナーもしっかりしてるし、面ファスナーでウエストの引きしめが調整できるのがいいですね。
しっかりタイプですがしんどくないし、気になるところが気持ちよくシェイプでき、安心感があります。
さすが下着メーカーさんのガードルですね!

商品をみる

ほどよくサポートの
ミディアムタイプ

i11
たくさん動くときに着用していて気持ちよかった。

腰が不安定なこともあって、私の場合、たくさん動く時は、骨盤をサポートしてくれるベルトが付いた「産後骨盤リボンガードル」が気持ちよかったです。
もちろん気になるウエストとおなかを引きしめながら快適。
薄手なのでパンツもひびきにくいです。

商品をみる

らくちんサポートの
ソフトタイプ

i13
はいた瞬間、おしりがスッとあがって…自然でスリムなシルエットに!

「肌リフト」のすごさを実感です。
はいた瞬間、垂れ気味のお肉がどこかへいって、自分で
もおしりのラインがあがっているのがわかります。
やわらかい生地が肌に密着して、締めつけるではなく上へ上へと引き上げてくれる感じ。
軽いはきごこちなのでガードルが苦手のママも無理なくはけると思います。
はくだけタイプで着脱も簡単で動きやすいので普段使いに良いですね。

商品をみる

いつから、いつまで着けたらいいの?

産後1ヵ月頃からの体調が落ち着くタイミングで着用して下さい。(悪露が終わる頃が目安)

出産後すぐにウエストや腹部をしめつけると、無理な圧迫により、内臓の位置が下がってしまうのでおすすめできません。

産後1ヵ月間は骨盤の戻りをサポートできる骨盤ベルトや骨盤をサポートするショーツのみで過ごすことがおすすめです。

「いつまで着けるか」については決まりはありません。
目安の時期はありますのでご紹介します。
ワコールの産後ガードルには骨盤サポート機能もついているので骨盤がもとの状態に戻る産後3ヵ月くらいまでは、気になる部分のシェイプアップ(※1)をしながら骨盤のサポートもできて便利です。
また産後3ヵ月以降もすぐに体型が戻るわけではありませんので体型が落ち着く産後6ヵ月くらいまでは着用をおすすめします。
さらにその後も戻りには個人差がありますので、ウエストをしっかり包み込む産後ガードルがここちよい場合は、シーンやお洋服に合わせて継続的にお使いいただけます。(※2)

(※1)「シェイプアップ」は下着の補整効果により
ボディラインをととのえることです。

(※2)ワコール人間研究所調べ

サイズの選び方

ウエストとヒップの採寸数値の許容範囲で決めます。

産後は赤ちゃんのお世話で忙しくなるため、タイミングよく買い物に出掛けられない方も多く、妊娠中に事前に購入される方もいらっしゃいます。
その場合は、妊娠8ヵ月前後のヒップの採寸数値で目安のサイズを決めることもできますので、店頭などで採寸することをおすすめします。

一般ガードルと産後用ガードルの違い

骨盤サポート機能がついていることころが大きく違います。
もとの状態に戻ろうとする骨盤まわりのサポートも大切なので産後3ヵ月間までは特に産後専用ガードルがおすすめです。
また普通のガードルに比べてはきこみ丈が深いハイウエストタイプが多いので気になるおなかのハミ肉もしっかり包み込みます。
さらに動きの多い育児のさまたげにならないよう適度なストレッチ性があり産後のからだに負担が掛かり過ぎないパワーになっています。

準備時期は?

産後は赤ちゃんのお世話で忙しく、なかなか自分のことを考える時間がありません。
産後のシェイプアップの計画(どんなタイプをいつから使うか、どんなサイズを選べばいいのかなど)は妊娠中に済ませておきましょう。

一覧へ戻る