mv1

「産じょくショーツ」はどんなもの?

2019.02.03

産じょくショーツ

なぜ必要?

入院時の持ち物リストにも「産じょくショーツ」が書いてあるという方も多いのではないでしょうか。
産じょくとは、産後約1か月半の期間のことをさします。
この時期には、悪露やおりものがあるため、パジャマを汚さないように産じょくショーツの着用がおすすめです。
はっ水加工布を広範囲に施し、出産後にはきやすい深めのゆったり設計なので、ここちよい着用感です。

どんな種類があるの?

クロッチ部分が「開閉できるタイプ」と「開閉なしタイプ」があります。

開閉タイプ

クロッチが開閉するのでナプキンが交換しやすいです。
入院中はお産パッドが大きく、また交換のお手伝いをしてもらう場合もあるので開閉できるタイプが便利です。

開閉ナシタイプ

開閉しないタイプ。開閉タイプと一緒に持っておくと便利です。

いつから、いつまで着けたらいいの?

悪露(産後の排出物)が出ている期間にお使いください。

サイズの選び方

購入時のヒップの採寸数値の許容範囲で決めます。

準備時期は?

入院準備として妊娠8ヵ月頃にご用意いただくと、急なお産の時でも安心です。

一覧へ戻る