戌の日にご祈祷してもらった腹帯は飾りなのでしょうか?どのように使うのがいいのでしょうか?

2019.02.06

戌の日の帯祝い。

準備は万端だけど、そういえば、ご祈祷していただいた後の腹帯って使っていいの?

と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

ご祈祷してもらった腹帯は、普段使いしていただいてかまいません。

ご祈祷していただいた腹帯が「さらし帯」なら、自分で巻きつけて使用するため普段の生活では使い勝手がよくないかもしれません。

現在では、腹巻きタイプやパンツタイプなどの種類があり、普段づかいしやすいものをご祈祷してもらえる場所もあるようです。

ここでは戌の日の帯祝いのこと、腹帯のことまとめてみました。

マタニティ用のそれぞれのアイテム。
どんな特徴があるの?

戌の日とは、十二支の戌にあたる日。

犬(戌)は多産で安産といわれることから、これにあやかって、妊娠5ヵ月目の戌の日に、安産を祈って妊婦が腹帯を締める儀礼、「帯祝い」をする習慣があります。

p4

腹帯の役割

帯祝いをする妊娠5ヵ月頃になると、おなかは前に突き出すように大きくなりはじめ、腹帯には、そんなおなかを支え、また、おなかの冷え対策をする役割があります。

p5

腹帯とは

帯祝いで神社で祈祷した「さらし布の帯」のことです。このさらし帯は「祝い帯」「岩田帯」などと呼ばれており、おなかまわりに巻いて、大きくなるおなかや腰を支えたり、おなかの冷え対策に使います。

現代版腹帯=妊婦帯とは

大きくなるおなかや腰をサポートするものの総称で「腹帯」とも言われています。

形状はさまざまで、マタニティウェアやライフスタイルに合わせて、腹巻タイプ、パンツタイプなど種類も多数あります。

帯祝いには腹帯?普段使いできる妊婦帯でもいいの?

昔ながらの帯祝いの腹帯は岩田帯とよばれる「さらしタイプ」ですが、今は「腹巻タイプ」や「パンツタイプ」の妊婦帯なども出ています。

普段使いしやすい、パンツタイプや腹巻タイプなどの妊婦帯を持参するのも良いでしょう。

さらしの帯でないと神社でおはらいできない場合もあるようなので事前の確認をおすすめします。

ご祈祷していただいた妊婦帯は、普段使いしてかまいません。

祝帯(岩田帯)

i6

パンツタイプ

p6

一覧へ戻る