ブラの正しい着用方法をマスターしよう

ワコール ビューティーアドバイザーが、ブラジャーがフィットしているかどうかを確認する方法や、ブラジャーを快適に美しく着用していただくためのポイントをご紹介します。

ブラジャーのつけ方

ボディラインを美しくととのえ、そして快適に過ごせるように。まずは、ブラジャーを正しくつけましょう。
ブラジャーのつけ方1
ストラップを肩にかけてブラジャーの下側を持ち、からだを前に倒してワイヤーをバージスラインに合わせます。バストをカップの中に入れて、そのままの姿勢で後ろのホックを留めます。
ブラジャーのつけ方2
前かがみのまま、右手で右のカップのストラップの付け根を少し浮かせて左手で右側のバスト全体を包み、やさしく持ち上げます。
ブラジャーのつけ方3
からだを起こして、ストラップの長さを調整します。ストラップと肩の間を指が1本すーっと通るぐらいがちょうど良い長さです。反対も同じように行ってください。

フィッテング確認運動

ブラを着用したら、フィッティング確認運動をしてみてください。
フィッティング確認運動1
まず腕を上下に動かします。
フィッティング確認運動2
次にからだを左右にひねってください。

ブラは正しく着用できた?5つのチェックポイント

ブラジャーがからだにフィットしているかどうか、つけごこちをチェックします。
5つのチェックポイント①
(1)バージスラインにワイヤーがくいこんだり、あたったりしていないか
5つのチェックポイント②
(2)カップ上辺や脇が浮いたり、くい込んだりしていないか
5つのチェックポイント③
(3)前中心が浮いたり、くい込んだりしていないか
5つのチェックポイント④
(4)アンダーバストがきつくないか、ずれていないか
5つのチェックポイント⑤
(5)ストラップがずれていないか、きつくないか

みんなのブラのつけ方は?

<みんなどうしているの?>
ブラのつけ方について、ワコールのWEBコミュニティMyWacoalアンケート(4800人)でリアルな実態を探りました。その結果、「後ろ手でホックを留める」方法でブラを着用していたのは73%でした。「前でホックを留めて後ろにまわす」という方が25%も!

前でブラのホックを留めて後ろにまわす理由としては「後ろ手では3段のホックをうまく留められない」「カラダが硬くなって届かなくなった…」といったコメントも。後ろ手でブラのホックを留めにくい方は、前でホックを留めてブラを回した後に、からだを前に倒してワイヤーをバストのバージスラインに合わせ、バストをカップに収めてバストの形を整えればOKです。

→ブラパン!「ブラのつけ方は?」の調査結果を見る