おりものの量や色がバラバラ、どうして?

Question

おりものがほとんどない時もあれば、量が多くて気持ち悪くなることも。色も白っぽかったり、黄色っぽかったり。いつも違うのはどうして?(12歳)

Answer

おりものは、女性ホルモンがつくられるようになると、出てきます。でも、12歳くらいだと、子宮も卵巣もまだ未熟で、女性ホルモンの分泌も不安定なので、おりものも不安定で当たり前です。

それに、もともとおりものは生理周期によって、量や色、形状が違うものなんです。排卵がきちんと行われるようになってくると、おりものは生理周期の中で、量や色、形状が変化します。

生理のときには血が混じっていることがあるし、サラサラとしている時期があったかと思うと、排卵のころにゼリー状でよくのびるときも...。下着が黄色っぽくなったり、少しにおいがきつくなったりする時期もあります。

性器が汗で蒸れたり、腟の中にバイキンが増えたりしても、おりものは変化します。疲れているときは、バイキンを殺す力も弱まって、においが強くなるし、質感も変化します。もしも、おりものが、ポロポロした状態になったり、きついにおいがしたり、痛みがある場合は、早く婦人科に行きましょう。

おりものは、いつも同じではないので、おりものを意識するのは、とてもいいこと。生理周期や生活、体調、ストレスなどとも関係あることがわかってきて、体調管理に役立ちます。

おりものが下着にたくさんついて不快に感じるときは、おりもの専用シートを使ってもいいですね。生理用ナプキンと同じ感覚でショーツに着けて、こまめに取り替えましょう。

⇒ 生理用ショーツをシーンにあわせて選ぼう「生理用ショーツの選び方」
⇒ おりもの専用シートについてはこちら(はじめてからだナビにリンク)

同じようななやみを持った女の子の声

同じようななやみを持った女の子の声

10さい
  • おりものは、黄色いねばっとしたものといっているけれど、私の場合白いねばっとしています。これっておりものなんでしょうか?
11さい
  • ベタベタしない、おりものってあるんですか?
13さい
  • この頃茶色いおりもの(?)が出るんだけどどうなんでしょう。
TOPへもどる