• TOP
  • MATERNITY MAGAZINE
  • 戌の日までに準備!先輩ママがおすすめするワコールの妊婦帯(腹帯)

戌の日までに準備!先輩ママがおすすめするワコールの妊婦帯(腹帯)

2019.01.23

妊娠5ヵ月目に入った「戌の日」は、腹帯を巻いて妊娠を祝い、安産を祈願する帯祝いの習わしがあります。

しかし、腹帯(妊婦帯)は、風習のためだけにつけるものではなく、おなかが大きくなることでそり身になりやすい、腰周りをサポートするインナーとしての機能もあるんですよ。

今回は、「どんな妊婦帯(腹帯)を選べばいいの?」という妊婦さんに向けて、妊婦帯(腹帯)をするメリットをはじめ、ワコールマタニティの妊婦帯(腹帯)の種類や違いを紹介します。

妊婦帯(腹帯)ってつけないといけないもの?

「腹帯=妊婦帯」は、戌の日の風習に準備するほか、赤ちゃんを育むおなか周りと腰周りを冷やさないようにするインナーとしての役割もあります。

おなかが大きくなりはじめると、これまでとバランスが変わってそり身の姿勢になりやすく、腰への負担を感じる妊婦さんも少なくありません。

腰に負担がかかる前に、腰周りをサポートする妊婦帯(腹帯)を活用するのがおすすめです。妊婦帯(腹帯)を使うことで「おなかや腰がやさしくささえられてここちよい」「立ったり座ったり、動くのがラクになった」という、先輩ママの声も。

妊娠5ヵ月目の戌の日までに妊婦帯(腹帯)を準備しておきましょう。

出産までにおなか周りは約18cmも変化!

妊娠3~5ヵ月はあまりおなかの大きさや重さを感じにくい時期ですが、これからどんどん大きく変化します。

妊娠5ヵ月を過ぎると、少しずつおなかは前に突き出すように変化し、妊娠8~10ヵ月頃になると、おなか周径は妊娠前と比べて約18cmも大きく変化するのが特徴です。

妊娠前と体重も変わるため、妊婦さん自身が思っている以上にからだに負担を感じやすくなります。

妊婦帯(腹帯)はからだにやさしい素材と形がおすすめ

【ポイント1】 おなかの変化に対応できる素材

なによりも、おなかの変化をさまたげないことが大切です。
ウエストやおなかをしめつけたり、押さえつけたりしないように、伸縮性のある素材を選びましょう。


【ポイント2】 腰まですっぽりと包む形

妊娠中は特におなかや腰を冷やさないことも重要です。腰まですっぽりと包む形で、おなかの重みや負担がかかる腰周りをサポートすると同時に、おなかの冷えすぎ対策も意識しましょう。

目的別にタイプを変えるのも◎

妊婦帯(腹帯)は大きくわけて2つのタイプがあります。
目的にあわせて使い分けるのもおすすめです。

【腹巻きタイプ】

おなかにフィットしてやさしくささえる腹巻きタイプは、からだに通すだけなので脱ぎ着しやすくトイレに行くときもラク。
外出時はもちろん、寝るときなどのリラックスタイムにもおすすめです。


【パンツタイプ】

おなかの下からしっかりささえるパンツタイプは、おなかが大きく変化し始めてからでもサポートしやすいのが特徴です。

腹巻タイプと比べるとズレにくいので、特に外出時におすすめです。

先輩ママからも好評!ワコールの妊婦帯(腹帯)

妊娠3~5ヵ月頃は、まだつわりもあり「正直妊婦帯(腹帯)をつけることまで考えられない」「何が良いかもわからない」という妊婦さんも多いかもしれません。
しかし、これから想像以上におなかが大きくなり、「立ったり座ったりの動作がしにくい」「腰に負担がかかる」と感じやすくなる方もいらっしゃいます。

60年以上もマタニティ製品を作り続けているワコールでは女性がここちよく機能的に下着を着用できるよう1964年の設立以来、のべ約45,000人以上の女性のからだのデータを計測・分析している「ワコール人間科学研究所」のデータを製品づくりに役立てているので、あなたの体調や好みにあわせて4種類の妊婦帯から、お好きなものをお選びいただけます。

体調が不安定な時期なので、体調や気分の良い日に妊婦帯(腹帯)を準備してみてください。
「何を基準に選べばいいかわからない」という方は、このページの表や実際に使った先輩ママの声も合わせてご覧になってください。

機能タイプ パンツ(しっかり) パンツ(らく) 腹巻き
  パンツ(しっかり) パンツ(らく) パンツ(らく) 腹巻き
メインサポート おなか・腰 おなか おなか おなか
腰サポートパネル × × ×
1枚ばき  
ワコールの
骨盤ベルト併用

妊婦帯・パンツタイプ
(おなか・腰サポート)

妊婦帯・パンツタイプ(おなか・腰サポート)

リラックス

サポート

出産までのおなかの変化に合わせてベルトを調節し、重みをささえる産前用機能ボトムです。
おなかを下腹部から斜め上にベルトでサポートし、腰部は負担のかかりやすい腰をささえるパネルでしっかりサポートします。
裾部分はヘム使いなどでくいこみにくくアウターにひびきにくいので、外出時のお洋服もきれいに着ることができます。

先輩ママの声

立ったり座ったりしてもズレにくい!妊娠5ヵ月頃からおなかがグンと大きくなり、姿勢がそり身になって腰がつらくて。こちらの商品は、下からおなかをささえてくれるので、おなかが安定して腰の負担がやわらぐ感じ!ベルトで調節できるし、パンツタイプだから立ったり座ったりしてもズレにくく使いやすかったです。

※個人の感想です。機能の表れには個人差があります。

もっとみる

妊婦帯・パンツタイプ
(おなかサポート・検診便利)

妊婦帯・パンツタイプ(おなかサポート・検診便利)

リラックス

サポート

同じタイプの商品をみる

出産までのおなかの変化に対応し、おなかや腰を包み込むほか、ベルト部分が開閉できて検診時に便利と人気の産前用機能ボトムです。
内側のおなかささえには、やわらかな綿混素材の間にパワー素材を内蔵していて、快適にサポート。おなかの変化にあわせてベルトで調節することもできます。裏マチつきなので1枚での着用も可能です。

先輩ママの声

妊婦さんに使いやすい設計がうれしいほどよいサポート感はもちろん、両サイドの面ファスナーを外すとおなか部分が開く優秀ボトム。検診時に大活躍してくれます。

下着をずらさずにエコーできるサイドの面ファスナーを外すとおなかが開くから、下着をずらさずにエコーできるんです。綿素材で肌あたりが良かったです。

※個人の感想です。機能の表れには個人差があります。

もっとみる

妊婦帯・パンツタイプ
(おなかサポート)

妊婦帯・パンツタイプ(おなかサポート)

リラックス

サポート

商品をみる

下腹部についたソフトなおなかささえで、やさしくおなかをつつみます。
一枚ばきも可能で、ニットボトムのようなやさしいはきごこちです。


妊婦帯・腹巻きタイプ

妊婦帯・腹巻きタイプ

リラックス

サポート

腹帯のつけ方

※着用時は、あて布のクロス部分が下腹部にくるようにお着けください。

綿混のソフトな風合いで、伸縮性が良くおなかの変化に対応しやすいのが、こちらの腹巻きタイプです。裏打ちでおなかと腰をやさしくサポート。肌側は吸汗性が良く快適なはきごこちが好評です。おなかや腰をすっぽりと包み込むので、冷えすぎを防ぐのにも効果的。筒型で、着脱が簡単にできます。「帯祝い」にもおすすめです。

先輩ママの声

安心感があってリラックスできる 腹帯を着けていると、守られている安心感が違いますよね。
穏やかな気持ちになって、からだもリラックスできるし、やさしさに包まれておなかの赤ちゃんも喜んでいると思います。

伸縮性があって快適に着けられる ほどよい伸縮性があって、とっても快適。
おなかの冷えすぎ対策にもなりました。

※個人の感想です。機能の表れには個人差があります。

もっとみる

腰に負担を感じはじめたら骨盤ベルトを!

腰の負担を感じやすくなったときには、骨盤ベルトで妊娠中のゆるみがちな骨盤まわりのポイント(恥骨結合や大転子など)をサポートしましょう。
ワコールは骨盤ベルトも揃えているので、合わせて使うのがおすすめです。

ズレにくい産前&産後骨盤ベルト

ズレにくい産前&産後骨盤ベルト

商品をみる

ワコールの産前も産後も長く着用できる骨盤ベルトがこちら。
骨盤周りの3つのポイントである、仙腸関節・大転子・恥骨結合を環状にサポートします。
ベルトというと使いごこちが苦しくないか気になりますが、ワコールの骨盤ベルトはボーンもバックルも樹脂製で、腰にやさしくソフトな着けごこち。
凹凸の少ない縫製仕様で肌あたりも良いです。
Y字構造でお尻にひっかけて止めるので、立ったまま簡単に着用できて、正しい位置につけやすいうえにズレにくいなど、使いやすさも配慮しています。
素材には通気性の良いウレタンを使用しているので、ムレにくい点もポイントです。

骨盤ベルトをもっと詳しく知る

先輩ママの声

おなかや腰をやさしくサポート肌あたりソフトで、ベルトの伸縮性があるのがいいですね。しめつけ感なく着用でき、ズレにくかったです。おなかや腰がやさしくささえられて快適です。

※個人の感想です。機能の表れには個人差があります。

もっとみる

戌の日カレンダー

戌の日カレンダー 2020 戌の日カレンダーをみる