乳房文化研究会 TOP

女性の「からだ」と「こころ」を科学する乳房文化研究会の定例研究会レポート(Lecture Meeting)

人工乳と栄養 |乳房文化研究会

人工乳と栄養
~ヒト母乳中の機能成分~
2016年 1月23日(土)

■講師・講演テーマ

●上田 木綿子先生(うえだ ゆうこ)
赤ちゃんとお母さんの健やかな明日の為に ~人工乳開発の立場から~

アイクレオ株式会社 マーケティング部 研究開発課

●片山 高嶺 先生(かたやま たかね)
母乳中のオリゴ糖の働き ~ビフィズス因子としての機能~

京都大学大学院生命科学研究科 教授 / 石川県立大学 特任教授

■パネルディスカッション
●コーディネーター
廣瀬 潤子 運営委員(滋賀県立大学人間文化学部 生活栄養学科 准教授)
●パネラー 上田先生、片山先生

赤ちゃんにとって母乳栄養が"いちばん"ですが、人工乳が必要な方や、必要な時があります。人工乳をより良くするために、現在、どのような取り組みがなされているのでしょうか?人工乳開発の歴史や最先端の研究を通して人工乳を考える研究会を開催しました。

開会にあたり、コーディネーターである滋賀県立大学の廣瀬潤子先生より母乳のネット販売の問題を事例に、必要な場合には人工乳を正しく使う、そのために人工乳のことを正しく知る研究会にしたいという主旨説明をいただきました。
最初に「赤ちゃんとお母さんの健やかな明日のために」というタイトルでアイクレオ株式会社の上田木綿子先生より開発の立場から人工乳についてお話をいただきました。粉ミルクとは法律上は特別用途食品のひとつで、乳等省令では調整粉乳と呼ばれるものであり、国やメーカーが安全性を非常に重視し、品質管理を徹底していることの説明がありました。人工乳の歴史は、1835年の加糖練乳から始まり、1913年にガステンバーガー博士という方が現在の原点となる人工乳を開発して飛躍的に進化したこと、その後、幾つかの悲しい事件がありながら、それらを教訓に安全性、栄養面で進化していること、現在も日々、研究データをもとに、粉ミルクの成分を母乳に近づける工夫改良を積み重ねていることをお話いただきました。

つづきを読む >>

女性の「からだ」と「こころ」を科学する乳房文化研究会の最新のお知らせ(News)

  • [事務局]
    2016/07/26

    ひらめき"帽子のわすれもの"
    7月23日 講演会場内
    お心当たりの方は、事務局まで(078-682-1178)

  • [事務局]
    2016/07/20

    会員 川添裕子氏トークイベントご案内
     7月22日 『イレズミと日本人』著者 山本芳美氏との"イレズミと美容整形"についてのトークショー
    杉並区 信愛書店にて 
    詳しくは 信愛書店HP(中程) をご覧ください。

  • [研究会]
    2016/04/25

    このたびの平成28年熊本地震により、
    お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、
    被災された皆さまには謹んでお見舞い申し上げます。
    一日も早い復旧を心よりお祈りいたします。

  • [事務局]
    2015/12/14

    米澤 泉 運営委員著書 
     最新刊 『女子のチカラ』  が
    2015年 12月発売されました!!
    詳しくは 勁草書房HP をご覧ください。

  • [事務局]
    2014/12/05

    『乳房の文化論』  過去に発表された研究の中で、人文科学の面における論考12本をまとめ、2014年11月19日に刊行されました。
    詳しくは 淡交社HP をご覧ください。