乳房文化研究会について

女性の「からだ」と「こころ」を科学する 乳房文化研究会 トップへ

「乳房文化研究会って何?」

おっぱい、お乳、バスト、胸。人によって、あるいは場合によってさまざまな呼び方で親しまれている乳房。女性のからだのなかで、明確なアイデンティティを語るところといえば、誰もがその筆頭に乳房をあげるでしょう。不思議のかたまりとも思える乳房のふくらみは、もちろん女性美をはかるモノサシだけではありません。

たとえば、乳汁は赤ちゃんの大切な栄養源。おっぱいは生命のはじまり。その分泌準備のため、思春期以降、乳腺が発達し乳房がふくらんできます。こうした変化への胸の小さなときめき。女性が女性として生きるとき、このときめきは人生のあらゆる場面に色濃く関わっています。それは、ときとして心理学や精神科領域につながる場合もあります。

「乳房文化研究会」は、1991年に活動を始めた「からだ文化研究会」と、同会の中で、「乳房」にテーマを絞って1993年に発足した「乳房科学研究会」とを発展的に統合して、1996年から活動を始めた研究会です。

前身となった2つの研究会は、女性のからだと乳房をそれぞれの視点からとらえ、女性の「からだ」と「こころ」をとりまく諸問題について研究活動を展開していました。

医学的にみても、すべての領域が関わりをもっているといっても過言ではない乳房を中心に、医学的生物学的アプローチにとどまらず、女性の「からだ」と「こころ」をとりまく社会や文化の問題など、社会科学領域、人文科学領域まで、広く学際的に科学することを目的に、「乳房文化研究会」は設立されました。

思春期、妊娠・出産期、閉経期などの女性のターニングポイントに大きな変化をみせる乳房をはじめ、女性の「からだ」と「こころ」をとりまく興味ある研究テーマを、多角的にとりあげています。医学、生物学、文化人類学、心理学、被服造形学、芸術など、さまざまな分野で活躍する専門家が集まり、専門分野からの提案や境界領域の問題についての情報交換をおこない、さらに各方面からの話題提供を受けながら、より広くより深く活発な議論を展開しています。