• HOME
  • 下着の基礎知識
  • 加齢によってヒップは下がる~ショーツやガードル、機能性ボトムでケアを始めよう~

加齢によってヒップは下がる~ショーツやガードル、機能性ボトムでケアを始めよう~

加齢によってヒップは下がる~ショーツやガードル、機能性ボトムでケアを始めよう~
ヒップのカタチ、保っていますか?
若いころと比べて、メリハリがなくなってきた…と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
うしろ姿に年齢を感じるのは、加齢によりヒップが変化してきたのかも。
個人差はありますが、エイジングによるヒップの変化は、必ず、誰にでも訪れるものです。

ヒップのラインを整えてくれるショーツやガードルによって、ヒップを“美しく整え”、“揺れを小さく”することができます。ヒップのエイジングには、ヒップラインを整えてくれるガードルなどの「機能性ボトム」を味方につけましょう。

ヒップのエイジングを知る~変化したら戻らない~

ヒップには筋肉があるから大丈夫、ヒップが下がってきたら鍛えればいいの!と考えている方もいらっしゃるかもしれませんね。
確かに、バストと違ってヒップには筋肉がありますし、筋肉を鍛えることでヒップの加齢変化を遅らせることはできるかもしれません。しかし、加齢とともに崩れてしまった形は、もう元には戻れないのです。

<ヒップ>の加齢変化ステップ

ヒップの加齢変化ステップ0

垂れていない。横からみて半円形。

ヒップの加齢変化ステップ1

ヒップの下部がたわむ。

ヒップの加齢変化ステップ2

ヒップ頂点が下がる。
ウエスト周辺のメリハリがなくなる。
四角いかたちにになる。

ヒップの加齢変化ステップ3

ヒップが内側に流れる。
股間節付近がそげる。

ヒップの年代別ステップの割合

ヒップのエイジングを知る~ヒップが下がる原因~

ヒップの変化の過程を見ましたが、次になぜヒップが下がるのかを見ていきましょう。
ヒップが下がっていく要因は、ヒップを支える「筋肉」と「筋膜」、「結合組織」に変化が起きるから、ということが分かってきました。具体的には、次のような要因によってヒップの老化は起こります。

〈変化の要因1〉
「筋肉」が衰えて、ヒップの筋肉と脂肪の間にある「筋膜」が薄くなる。
〈変化の要因2〉
筋膜が薄くなると、筋膜と脂肪の間にある「結合組織」も変化し、組織同士の結合が弱くなって内部がゆるむ。
〈変化の要因3〉
内部がゆるむとヒップの脂肪全体が下がってくる。

筋肉の衰えや年齢を重ねることよって、長い期間をかけてヒップが下がっていきます。
ヒップの内部がゆるくなると、ヒップが大きく揺れるようになります。その揺れによってさらに結合組織がゆるみ、脂肪が落ちるのを支えられず下垂していきます。

→加齢によるヒップの変化

ヒップにあったガードル、ショーツ、機能性ボトムを選ぼう

ヒップは加齢によって下がっていく、その事実が明らかになりました。
それでは、ヒップを若々しく魅せるために、具体的にどのようにしていけばよいのでしょうか?

ヒップの加齢変化を遅らせるためには、ヒップの筋肉維持と揺れを抑える下着が必須です。
ワコールでは、ヒップを美しく整えてくれるアイテムである、ガードルや機能性ボトムを豊富に取り揃えています。

加齢変化が起こっているヒップでも、ショーツやガードル、機能性ボトムなどを着用することで、ヒップラインを補整することができます。ステップが進んでしまったヒップでも、整え方次第で、若々しいヒップに見せることもできるのです。
ショーツやガードル、機能性ボトムは、ウエスト丈、すそ丈や生地のパワーによってさまざまな種類があり、それぞれにはきごこちが異なります。自分のからだにあった下着を着用することで、はきごこちも楽に、ヒップを美しく整え、ヒップの揺れも抑えることができます。

また、下着で美しくヒップを整えると同時に、ヒップの美しさを維持するためにヒップの筋肉を鍛えることも必要です。特別な運動をしなくても、日々自然と行っている歩く動作、ウォーキングによって筋力を維持できるといいですね。歩きをしっかりとサポートする機能性ボトムを着用すると、より効果的です。

→下着&カラダ相談室 Q&A

→カラダに合った下着選びのポイント

サイズだけではカラダに合った下着は選べない

採寸した結果、ヒップサイズが20代のころと変わらなくても、20代のヒップと、年齢を重ねた40代~50代のヒップでは形が異なっている可能性があります。サイズだけでガードルを選んでしまい、カラダに合っていないガードルなどをはくと、苦しさを感じたり、ヒップもつぶれてしまってきれいな形ではない…ということが起こり得ます。

自分のからだを知り、自分の今のヒップに本当にあった下着を見つけるのには、プロである下着販売員に採寸してもらい、アドバイスをもらうことが重要です。そして、必ず試着をし、着用感を確かめること。

着用の仕方を確認し、正しいつけ方をマスターしましょう。

→<ガードルの選びのポイント~理想のヒップに近づくガードル選びの方法~>のページへ