サイズ表~ガードルのサイズ~

ガードルのサイズ表記にてついてまとめました。

ガードルのタグ表記の見方

ガードルのタグ表記の見方

ガードルには、図のようなサイズ表記がついています。

「ウエスト」の横にはウエストサイズ、「ヒップ」の横にはヒップサイズが記載されています。
表示例の場合は、
ウエストは、61センチ~67センチ
ヒップは、83センチ~93センチ
ということを示しています。

線の下の数字は、サイズ呼称を表しています。
表示例の場合は、サイズ64になります。
ウエストサイズの中央値がサイズの数字になっています。

ガードルのサイズ表

ガードルとパンツのサイズは、ウエストとヒップのサイズで決めます。
きつすぎると苦しくなり、緩すぎると補整効果が発揮されません。

※ウエストとヒップのサイズが2つのサイズにかかる場合は、大きい方のサイズにあわせて選ぶことをおすすめします。最終的には、試着をして着用感を確認しましょう。

(単位cm)
呼び方 58 64 70 76 82 90 98 106 114 122
ウエスト 55-61 61-67 67-73 73-79 78-86 86-94 94-102 102-110 110-118 118-126
ヒップ 79-89 83-93 86-96 89-99 91-103 94-106 97-109 100-112 103-115 106-118

MサイズやLサイズといった表記の場合は、ショーツの寸法をご参照ください。
→<サイズ表~パンツ・ショーツのサイズ~>のページへ

正しいウエスト ヒップの測り方

正しいウエスト ヒップの測り方

ウエストサイズは、おへその上、腰の一番くびれているところを測ります。きつく締めないように、リラックスした状態で測りましょう。
ヒップサイズは、腰の一番太い部分を周囲の長さを測ります。
ヒップトップがわかりづらい、平らなヒップの方は、ヒップや腰が一番張っている部分を測りましょう。

メジャーをあてたら、床と水平になっているか確認します。
足は閉じ、ヒップの高さやウエスト位置を鏡でよく確認しましょう。

詳しい測り方はこちらもチェック

→<ヒップ・ウエストの測り方~ショーツ・ガードルのサイズを調べましょう~>のページへ