からだの変化とマタニティインナー選び

妊娠すると変化していくママのからだと、それぞれの時期に最適なインナー選びについてご説明します。

産前 バストの変化

母乳の準備は妊娠2ヵ月目から!カタチも容量も大きく変化。

母乳を出すために乳腺が発達

POINT かたち
下半分から脇へと大きくなります。
POINT 容量
乳腺が発達してずっしりと重たくなります。

<カタチの変化>

<ボリュームの変化>

※データ提供:ワコール人間科学研究所

バストは前へ前へと高くなるのではなく、乳房の下半分から脇へと大きくなり、それが周りサイズに出てきます。
同じCカップでも妊娠前とはカタチや容量が大きく違います。


これだけ大きく変化する時期だからこそ、産前の急激なバストの変化に対応できるマタニティブラでしっかりサポートすることが大切です。

変化については分かったけど、マタニティブラって普段のブラとどう違うの?

一般のブラジャーはバストを美しく補整するためのもの。
急激なバストの変化に対応してつくられていないため、マタニティの時期に着用すると、変化したバストを押さえつけてしまう場合があります。
マタニティのバストは、ふだんよりも敏感な状態。
マタニティブラでやさしく支えることが大切なのです。

妊娠期に合わせてさらに詳しく
バストの変化とインナー選びのポイントをみる

妊娠5ヵ月頃 ベビーによい母体でいること
バストも大きくなり、だんだんとマタニティらしいからだつきに。
この時期、安産のためにも産後のボディラインのためにも、 太り過ぎは禁物です。
こまめに体重をチェックし、バランスの良い食事を心がけましょう。
この時期のバストの変化
乳腺が発達し、ボリュームは約1.5カップほど増量。
バストの重みで下に引き下げられるため、下垂しやすくなります。

インナー選びのポイント

  • バストの変化をさまたげないこと。
  • サイズの合わないブラジャーで、しめつけたり、押えつけたりしないようにしましょう。
  • マタニティ用のブラジャーでバストの重みをささえ、下垂を予防しましょう。

今すぐブラチェック!1つでも当てはまれば、ブラの見直しサインです。

バストが押されているように感じる/脇側のワイヤーに違和感を感じる/アンダーが苦しく押されて気持ち悪い

この時期のバストに必要なアイテム