ワコール

ホーム > ワコールニュース&トピックス > 最新トピックス  > 乳房文化研究会 定例研究会「文学と乳房」のご案内

ワコール

  • 検索
  • 店舗検索
  • クリップ

クリップとは?

CLOSE

クリップとは

後でもう一度見たいページや、お気に入りのページを10件まで登録できる機能です。
登録したページは「クリップ」の一覧より直接アクセスできます。

閉じる

最新トピックス

最新トピックス

2020.01.14

乳房文化研究会 定例研究会「文学と乳房」のご案内

乳房文化研究会(https://www.wacoal.jp/c/nyubou-bunka/)では、2020年2月1 日(土)に株式会社ワコール本社ビルにて、「文学と乳房」をテーマとした定例研究会を開催します。
今回の研究会では、日本と中国、また中世から現代までの文学作品において、乳房がどのように表現され、誰のものとして描かれているかを考えます。乳房をめぐる性愛、授乳、美醜、老若の表現から、父-母-乳母-子の関係や社会の権力構造を読み解きます。


〇日時:2020年2月1日(土)13:30~17:30 (受付13:00~)

〇場所:株式会社ワコール本社ビル 2階(JR西大路駅より徒歩4分)

〇定員:100名(定員になり次第締切)

〇参加費:無料

〇講演テーマ・講師

<乳房は誰のものか─『源氏物語』に描かれた乳母、母、父、子
それぞれにとっての乳房から権力構造と家族関係を読み解く>
講師:木村 朗子 先生(津田塾大学 学芸学部 多文化・国際協力学科 教授)

<恋する乙女の胸のうち─中国女性の乳房と足が解かれたとき>
講師:濱田 麻矢 先生 (神戸大学大学院 人文学研究科 教授)

<にせもののおっぱい ほんもののおっぱい─日本近現代文学に描かれた乳房>
講師:藤木 直実 先生 (日本女子大学 文学部 日本文学科 講師)

〇パネルディスカッション
・コーディネーター:実川 元子 運営委員
・パネリスト:木村 先生、濱田 先生、藤木 先生

〇交流会について
研究会終了後、ご参加いただいたみなさまと簡単な交流会(自由参加・無料)を予定しております。
(交流会の時間は17:45~18:30を予定。)

〇お申込み方法
下記の「詳細とお申込みについて」に記載のURLをクリックし、2ページめの「参加申込書」をご利用いただき、お名前とご住所(参加証の送付先)をご記入のうえFAX、Eメール、または郵送にて下記事務局へお申込み下さい。お申込み順に参加証をお送りします。
※学生の方は「学生」と明記の上、お申込みください。
※複数でお申込みの場合は、それぞれの連絡先をご記入ください。

〇定例研究会「文学と乳房」
詳細とお申込みについて
https://www.wacoal.jp/nyubou-bunka/pdf/fashionmagazineandbreast2020.02.011.pdf

[乳房文化研究会 事務局]
〒601-8530 京都市南区吉祥院中島町29 株式会社ワコール 内
TEL:075-682-1178 
FAX:075-682-1037 
Eメール:nyu-bun@wacoal.co.jp
HP:https://www.wacoal.jp/c/nyubou-bunka/


【(株)ワコール本社ビル アクセスについて】

<所在地>
〒601-8530 京都市南区吉祥院中島町29

※一般来館者用の駐車場はありませんので、
会場へは公共交通機関(電車・バスなど)をご利用ください

<電車>
JR「西大路駅」から徒歩4分
(西大路駅改札を出て右手)

<バス>
京都市バス202、208、13、43系統
「西大路駅前」下車徒歩4分