すいみんコラム
  • Facebook
  • ツイート
  • 毎日を充実させる睡眠の法則㉝

    ■すいみんコラム 

    毎日を充実させる睡眠の法則㉝

仕事がはかどるには眠りから

仕事が流れるように進む条件とは


仕事の生産性を高めるには、
まずはシャキッと目覚めた状態で出勤できるように、
睡眠を整えることが大切です。

私は普段、様々な企業で働き方改革に向けた研修をしていますが、
どのような勤務の方でも、まずは睡眠マネジメントから
取り組んでいただきます。

寝つきの悪さや睡眠不足で、昼間に眠気が強いと仕事にならない、
という経験は誰しもあると思いますが、
眠気と仕事の生産性との関係が、
科学的にも明らかにされてきています。

その1つが、フロー体験です。
フロー体験とは、心理学者のチクセントミハイが提唱した心理状態で、
物事がよどみなく流れるように進むと感じることで、
自分の平均的な力より高い力が発揮でき、
楽しさや充実感を得ることです。

このように定義されると特別な心理状態のようですが、
私たちは日常でこれを体験することがあります。

例えば、友人との会話や車の運転、楽器の演奏、
パソコン作業中などに短時間没頭することは、
マイクロフローと呼ばれていて、私たちはこの状態を体験すると、
「今日は楽しかったな」「悩みが吹き飛んでスッキリした」などと感じます。

vol33_フロー体験
フロー体験は、私たちが充実した日々を送るのに重要なのですが、
このフロー体験を妨げる要因の1つが、
眠気だということが明らかになっています。

眠気を防いでフロー体験を


実験では、仮眠したり、強い光を浴びたりした後に、
フロー状態を体験しやすくなり、
逆に眠気を感じているときには、
フロー状態は体験しませんでした。

また、日常的に計画仮眠をしている人は、
そうでない人に比べて、物事がうまくできていると感じる、
自己効力感が高いことも明らかになっています。

昼間に眠気があると、フロー状態を体験しないばかりか、
焦燥感や不安が増えて、不機嫌になることも確かめられています。

フロー体験は、自分の作業に対して、その出来具合がどうだったか、
フィードバックがある環境で生じやすいです。
上司やお客さんから直接フィードバックを受ける仕事の場面は、
プライベートの場面よりも、フロー状態を体験しやすいです。

仕事によって人生を充実させるには、このフロー体験が欠かせず、
そのためには、昼間に不適切な場面で眠くならないように
毎日の睡眠を充実させておくことが大いに役立ちます。

菅原洋平 菅原洋平

作業療法士。ユークロニア株式会社代表。アクティブスリープ指導士養成講座主宰。国際医療福祉大学卒。国立病院機構にて脳のリハビリテーションに従事したのち、現在は、ベスリクリニック(東京都千代田区)で薬に頼らない睡眠外来を担当する傍ら、生体リズムや脳の仕組みを活用した企業研修を全国で行う。その活動は、テレビや雑誌などでも注目を集める。主な著書に、13万部を超えるベストセラー『あなたの人生を変える睡眠の法則』、10万部突破の『すぐやる!行動力を高める科学的な方法』など多数。

あなたの人生を変える睡眠の法則
著書:あなたの人生を変える睡眠の法則

イラスト/菅原洋平
※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

SHARE
  • Facebook ツイート LINEで送る