すいみんコラム
  • 毎日を充実させる睡眠の法則74

    ■すいみんコラム 

    毎日を充実させる睡眠の法則74

自分裁量でできる活動を用意する

休日を使って、効果的に休むためには、
自分裁量で完結できる作業を用意することが大切です。

例えば、健康管理のためにランニングを取り入れたとして、
「ランニングをするべきだ」とか、
「○○さんは〇km走ってるらしいから真似してみる」
という感じで、他人からの評価を気にしてしまうと、
その活動から得られる身体感覚に、
意識が向けられなくなってしまいます。

vol.74_自分裁量
運動やモノづくり、楽器の演奏など、
何らかの活動をしたとき、
その活動によって得られた感覚が脳に届けられると、
自律神経を調整する腹側迷走神経系が働きます。

腹側迷走神経系は、危機状態を乗り切るために働く、
交感神経系の活動を抑制します。
交感神経系は、心拍や呼吸が速く、
高い代謝がつくられ、消耗が激しいので、
長期間は継続することができません。

危機回避のためにつくられる一時的な状態で、
危機が去ったら、また抑制されます。

ところが、仕事の場面で交感神経系が使われ、
危機状態が去った休日にも、
他人の評価を気にしてしまうと、
結局、交感神経活動が低下しなくなってしまいます。

交感神経活動が低下しないと、
夜になっても眠気を感じにくかったり、
眠れても朝目覚めたときに疲れがとれなくなってしまいます。

それに対して、自己裁量で完結できる活動をしているときは、
腹側迷走神経系によって、交感神経系がしっかりと抑制され、
落ち着いた状態で、高いパフォーマンスを発揮することができます。

効果的な休養には「自分だけの世界」を
もつことが大切なのです。

先ほどのように、休日にランニングをする場合は、
「しなければならない」「他人に負けないように」
と他者を意識するのではなく、
からだの動きや地面の反発、重力を感じて、
リアルな感覚を脳に届けることを意識してみましょう。

自分で選択し、自分の好きなように行動できる。
こんな活動を確保しましょう。

また、自己裁量で完結する作業をしているときは、
物事が流れるようにスムーズに進む、
フロー状態を体験しやすいです。
時間があっという間に感じられたり、
集中できた充実感を得ることができます。

菅原洋平 菅原洋平

作業療法士。ユークロニア株式会社代表。アクティブスリープ指導士養成講座主宰。国際医療福祉大学卒。国立病院機構にて脳のリハビリテーションに従事したのち、現在は、ベスリクリニック(東京都千代田区)で薬に頼らない睡眠外来を担当する傍ら、生体リズムや脳の仕組みを活用した企業研修を全国で行う。その活動は、テレビや雑誌などでも注目を集める。主な著書に、13万部を超えるベストセラー『あなたの人生を変える睡眠の法則』、10万部突破の『すぐやる!行動力を高める科学的な方法』など多数。

あなたの人生を変える睡眠の法則
著書:あなたの人生を変える睡眠の法則

イラスト/菅原洋平
※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。