すいみんアンケート
  • Facebook
  • ツイート
  • 大原千鶴のすやすやレシピ17:鶏とキノコのガーリック焼き

    ■編集部セレクト 

    大原千鶴のすやすやレシピ17:鶏とキノコのガーリック焼き


レシピ17鶏とキノコのガーリック焼き
鶏肉のアミノ酸とキノコの食物繊維で、からだの中から美しく!

材料:直径16cmのスキレット1個分 お好みのキノコ(今回はしいたけ・まいたけ・エリンギを使用).........あわせて正味150g
鶏もも肉.........1/3枚(約120g)
A.........【オリーブオイル 大1/塩 小1/3/こしょう 各少々】
にんにくの薄切り.........5~6枚
鷹の爪.........1本
パセリのみじん切り.........少々

レシピの作り方 1、キノコ類は固いところがあれば切り落とし、食べやすい大きさに切る。

2、鶏肉は皮を外して食べやすい大きさのそぎ切りにし、Aの調味料とともにボウルに入れて揉み、下味をつける。

3、スキレットに1のキノコ類を敷きつめて塩(1つまみ)をふり、2の鶏肉、にんにく、鷹の爪をのせ、オリーブオイル(大1)を回しかけ、グリルに入れて弱火で15~20分鶏肉に火がとおるまで焼く。
レシピ17_スキレットに具材を敷きつめる

4、鶏肉に火がとおったら取り出し、パセリをかける。 お好みでしょうゆを回しかけても。
レシピ17_鶏とキノコのガーリック焼き

oohara_pro01.jpg 大原千鶴〈料理研究家〉

京都・花背の料理旅館「美山荘」の次女として生まれ幼少のころから料理に触れて育つ。現在は京都市内に住まい、料理研究家として雑誌やテレビ、料理教室、講演会などで活躍。現在NHKEテレ「きょうの料理」にレギュラー出演中。NHKBSプレミアム「あてなよる」「京都人の密かな愉しみ」の番組出演や料理監修も手掛ける。大学生、高校生、中学生、二男一女の母でもある。近著「大原千鶴のまいにちのごはん」(高橋書店)ほか著書多数。


撮影/内藤貞保
※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

SHARE
  • Facebook ツイート LINEで送る