すいみんアンケート
  • Facebook
  • ツイート
  • 大原千鶴のすやすやレシピ33:茄子のごま煮

    ■編集部セレクト 

    大原千鶴のすやすやレシピ33:茄子のごま煮


大原千鶴のすやすやレシピ33:茄子のごま煮
トロッとした茄子に絡んだ、みそとごまが香ばしい。
みそに含まれるトリプトファンは、いずれ睡眠ホルモンと言われているメラトニンになります。
いつ食べても美味しい常備菜です。

材料2人分 なす.........3本(300g)
ごま油.........大1
A.........【だし 100ml/砂糖 大1/薄口しょうゆ 大1/2】
みそ.........大1
すりごま(白).........大1

レシピの作り方 1、なすはピーラーで縞目に皮を剥いて、半分に切り、皮側に包丁で細かく切り込みを入れ、水に5分さらして水気を拭く。

2、フライパンにごま油を入れて中火にかけ、1のなすを皮側から入れ、蓋をして焼く。
大原千鶴のすやすやレシピ33:茄子を焼く

3、片面が焼けたら、上下を返してAの調味料を入れ2〜3分ほど弱火で煮る。

4、なすがしんなりとしてきたら煮汁を少し取り出してみそを溶きのばし、フライパンに戻し入れてさらに2分ほど煮てなすに味を含ませ、火を止める。
器に盛りつけ、すりごまをかける。
あれば紅生姜の千切りをあしらう。
大原千鶴のすやすやレシピ33:茄子のごま煮

oohara_pro01.jpg 大原千鶴〈料理研究家〉

京都・花背の料理旅館「美山荘」の次女として生まれ幼少のころから料理に触れて育つ。現在は京都市内に住まい、料理研究家として雑誌やテレビ、料理教室、講演会などで活躍。現在NHKEテレ「きょうの料理」にレギュラー出演中。NHKBSプレミアム「あてなよる」「京都人の密かな愉しみ」の番組出演や料理監修も手掛ける。大学生、中学生、二男一女の母でもある。近書「大原千鶴のすぐごはん」(高橋書店)ほか著書多数。


撮影/内藤貞保
※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

SHARE
  • Facebook ツイート LINEで送る