すいみんアンケート
  • 大原千鶴のすやすやレシピ61:簡単サムゲダン

    ■編集部セレクト 

    大原千鶴のすやすやレシピ61:簡単サムゲダン


大原千鶴のすやすやレシピ61:簡単サムゲダン
もち米ではなく普通のお米でさらりとした鶏粥に仕立てました。
やさしい味わいと鶏のうま味たっぷりのスープがからだに染みわたります。
胃腸の負担が少なくよりよい睡眠につながります。

材料2人分 A.........【水 700ml/米 大3/にんにく 1片】
鶏もも肉.........1枚(300g)
塩.........小1/2
青ねぎの小口切り・クコの実 .........各適宜

レシピの作り方 1、鍋にAと鶏肉を入れ、強火にかけます。
沸いたらアクを取り、ふたを斜めにかけて常にグラグラするくらいの中火で20~30分、米がすっかりやわらかくなるまで煮ます。
米がすっかりやわらかくなるまで煮ます

2、火を止め、5分ほど蒸らして塩で味をととのえ、鶏肉を引き上げて食べやすく切ります。
器に盛り、あれば青ねぎとクコの実をあしらいます。
簡単サムゲダン完成

oohara_pro01.jpg 大原千鶴〈料理研究家〉

京都・花背の料理旅館「美山荘」の次女として生まれ幼少のころから料理に触れて育つ。現在は京都市内に住まい、料理研究家として雑誌やテレビ、料理教室、講演会などで活躍。NHKEテレ「きょうの料理」にレギュラー出演中。「あてなよる」・「京都人の密かな愉しみ」などの番組出演や、ドラマの料理監修も手掛ける。 大学生、高校生、二男一女の母でもある。近著『ささっとレシピ 素材のつくりおきで、絶品おかず』(高橋書店)ほか著書多数。


撮影/内藤貞保
※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。