すいみんアンケート
  • 大原千鶴のすやすやレシピ64:新たまねぎと桜エビのうす口炒め

    ■編集部セレクト 

    大原千鶴のすやすやレシピ64:新たまねぎと桜エビのうす口炒め


大原千鶴のすやすやレシピ64:新たまねぎと桜エビのうす口炒め
桜エビはカルシウムなどからだにうれしい栄養が豊富です。
うまみもあるのでうす口しょうゆであっさりと。

材料作りやすい分量 新玉ねぎ.........1個(200g)
桜エビ(乾).........10g
ごま油.........大さじ1
うす口しょうゆ.........大さじ1
すりごま(白).........少々

レシピの作り方 1、玉ねぎは1cm幅の輪切りにし、手でほぐしておく。

2、フライパンにごま油を入れて中火にかけ、桜エビをサッと炒める。
桜エビをサッと炒める

3、玉ねぎを加え、透明感がでてしんなりとするまで炒め(*)、うす口しょうゆで味をととのえる。器に盛り、すりごまをふる。
*玉ねぎが炒まりにくい場合は、水(大さじ1~2ほど)を加えて炒めるとよい。
新たまねぎと桜エビのうす口炒め完成

oohara_pro01.jpg 大原千鶴〈料理研究家〉

京都・花背の料理旅館「美山荘」の次女として生まれ幼少のころから料理に触れて育つ。現在は京都市内に住まい、料理研究家として雑誌やテレビ、料理教室、講演会などで活躍。NHKEテレ「きょうの料理」にレギュラー出演中。「あてなよる」・「京都人の密かな愉しみ」などの番組出演や、ドラマの料理監修も手掛ける。 大学生、高校生、二男一女の母でもある。近著『ささっとレシピ 素材のつくりおきで、絶品おかず』(高橋書店)ほか著書多数。


撮影/内藤貞保
※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。