すいみんアンケート
  • 大原千鶴のすやすやレシピ72:焼きささみのごま酢かけ

    ■編集部セレクト 

    大原千鶴のすやすやレシピ72:焼きささみのごま酢かけ


大原千鶴のすやすやレシピ72:焼きささみのごま酢かけ
鶏肉に含まれるトリプトファンは、睡眠の質を高めるサポート力があると言われています。
厚みを半分に切ったささみはこうして焼くとパサつかず、しっとり美味しい。
オクラを添えてより質の高い眠りに。


材料2人分 オクラ.........4本
ささみ.........2本(140g)
塩・こしょう.........各少々
ごま酢.........【すりごま(白)・米酢・うす口しょうゆ・砂糖/各大さじ1】
輪切り唐辛子.........適宜

1、オクラはサッと洗って塩適量(分量外)をまぶして揉み、水で洗ってガクを包丁で剥き、縦半分に切る。ささみは厚みを半分にするように開いて筋を取り、塩・こしょうをふる。

2、表面加工のフライパンにささみを入れて中火にかける(*)。ささみが7割白っぽくなれば上下を返し、30秒焼いて取り出す。
大原千鶴のすやすやレシピ72:ささみを焼く

3、続けて、オクラと水(大さじ2程度)をフライパンに入れて箸で混ぜながら、オクラを蒸し焼きにする。
手でほぐしたささみとともに器に盛りあわせ、あわせておいたごま酢をかけ、
あれば輪切り唐辛子をあしらう。
大原千鶴のすやすやレシピ72:焼きささみのごま酢かけ (*油は引きません。ささみは厚さを半分に切っているので、常温に戻す必要もありません。オクラを蒸し焼きするときの火加減は中火のままです。)

oohara_pro01.jpg 大原千鶴〈料理研究家〉

京都・花背の料理旅館「美山荘」の次女として生まれ幼少のころから料理に触れて育つ。現在は京都市内に住まい、料理研究家として雑誌やテレビ、料理教室、講演会などで活躍。NHKEテレ「きょうの料理」にレギュラー出演中。「あてなよる」・「京都人の密かな愉しみ」などの番組出演や、ドラマの料理監修も手掛ける。 大学生、高校生、二男一女の母でもある。近著『ささっとレシピ 素材のつくりおきで、絶品おかず』(高橋書店)ほか著書多数。


撮影/内藤貞保
※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。