10歳キラキラ白書 成長期の女の子 実態調査

10歳は女の子にとって、からだが変化し始めるだけでなく、「環境面」や「心理面」でも大きな変化を迎える時期です。
また、さまざま情報が取り巻く中で、親世代との意識のギャップが出てくる頃でもあります。

ワコールでは、 10歳の女の子たちとその親世代に向けて輝やかしい未来につながる大切なことを知ってもらう
「10歳の未来プロジェクト」を2015年から行っています。

このプロジェクトの一環である「10歳キラキラ白書」も今年で3年目。
等身大の"10歳"を知り、"子どもたちの今"の理解を深めていくこと、そしてずっと良好な親子関係であり続けることを目的に
ワコールのWEBサイト上で意識調査を実施しています。

本白書では、10歳の女の子の実態を顕在化し、イマドキの"10歳"事情を紹介していきます。

また、親子の関係性を紐解きながら、コミュニケーションのあり方を提案します。

10歳キラキラ白書

ワコールでは、2016年から毎年、3月3日のひな祭りの日に向けて、
【10歳】の女の子についての分析「10歳キラキラ白書」を発表しています。

ココロもカラダも変わりはじめる

本白書では、目白大学心理カウンセリング学科の小野寺敦子教授の協力のもと、心身の成長度合いと親子の関係性について、詳しい分析を行いました。

分析によると、10歳は恋愛や化粧、ファッションへの関心が最も高い"キラキラ世代"である一方で、自分を大切に思う「自己肯定感情」が10歳を境に下降していく傾向にあることがわかりました。
詳細は10歳キラキラ白書をご確認ください。

過去の10歳キラキラ白書

親子のコミュニケーションのきっかけに「10歳キラキラ白書」をお役立てください。

ワコールでは、女の子の成長段階に合わせた下着を販売しています。
10歳前後の女の子をお持ちの保護者の方は「ブラジャーはまだ早い」と思わず、一緒に初めてのブラジャーを検討できるよう、保護者の方からコミュニケーションをとるように声がけしてあげてください。

⇒ お子様の初めての生理のことならユニ・チャームの「ソフィはじめてからだナビ」へ

TOPへもどる