「親子で初ブラ選び」の
大切さとは?

ファーストブラ選びは、女の子が大人へデビューする大切な瞬間です。
その時が、よりステキなものになるよう、サポートしてあげてください。

10歳前後の女の子には、さまざまな変化が現れます。
ときに反抗心なども芽生える「心の変化」、
宿題や習いごとなど活動の範囲が広がる「環境の変化」、
そして、からだが丸みを帯びて胸がふくらみはじめる「からだの変化」。

いそがしく毎日を過ごすなかで、こうした変化を見落とすと、
母娘の"こころの距離"に変化が出てくることも。
また、ファーストブラを母娘で一緒に買うことは、
その後の母娘の関係性に大きく影響することがわかっています。

ファーストブラは母娘の絆を強めてくれるカギ。
娘さんのブラデビューが素敵なものとなりますように。

お母さんはお子さんのこと
どれだけ知っていますか

  • 娘と1日30分以上は会話を
    している
  • 娘の将来の夢を知っている
  • 仲のいい娘のお友だちの名前を
    10人言える
  • バストの成長や初潮について、
    娘と話し合ったことがある
  • 娘のからだの成長を
    きちんと把握している

学校や塾での生活、交友関係、悩みごとやからだの変化......。
「自分の子どものことはなんでもわかる」と思っていても、
成長とともに、いつしか見えない部分や知らないことが増えていくもの。
お母さん自身が子どものころを思い出してみてください。
自分の母親にすべてのことを相談できたでしょうか?

初ブラは女の子にとって
不安がいっぱい

「友達と大きさが違う......」「わたしもつけた方がいいの?」
女の子の44.2%が、はじめてのブラ着用に対して不安をもっています。

Q. からだの成長や下着に関して不安がありますか?

第二次性徴のはじまりは非常に個人差があります。
10歳くらいからはじまる子もいれば、15歳を過ぎてからという子もいます。
他人との違いを気にするあまり周囲に相談できないケースも。
変化のさなかにいる女の子は心細い思いをすることも多いのです。

初ブラはお母さんに
とっても
不安がいっぱい

「娘の胸のサイズがわからない......」「どんなブラを着せればいいの?」
じつに半数ものお母さんがファーストブラ選びに不安を抱えています。

Q. 娘の「はじめてのブラ」選びに正しい知識を持っているか
不安がありますか?

はじめてのブラ選びに不安を覚えるのは、娘だけではなく母親も同じ。
からだの変化についてきちんと母と娘で話し合いができていないために、
お母さんも娘のからだや下着について正しい知識を得られていないのです。
胸がふくらんできたのにブラを着けないでいると、
女の子が胸を隠そうとして、姿勢の悪化や日常生活に支障をきたすことも。
お子さんが胸の成長とともに適切なブラを着けられるかは、
お母さんの適切な理解とナビゲーション次第なのです。

成長によって違う
初ブラへのステップ

胸の成長は、初潮の1年以上前からはじまります。
そこから約4年間をかけてゆっくり大人の胸に近づいていくのです。
かたちや固さを変えながら成長する成長期の胸には、
それぞれの胸の状態に合った適切なサイズのジュニアブラを選んでください。

はじめてのブラを母娘で
一緒に買うと、
その後の親子関係が
ずっと良好に!

一緒に初ブラを購入した母娘は、その後もいろいろな悩みを相談できる関係に。

初ブラを親子一緒に買った場合:(1) 47.8% / (2) 26.1% / (3) 18.1% / (4) 0.7% / (5) 4.4% / (6) 2.9%
初ブラを親が買い与えた場合:(1) 27.4% / (2) 35.5% / (3) 24.2% / (4) 8.1% / (5) 3.2% / (6) 1.6%
(1)
買い物に一緒に行くし、体や異性の悩みについても相談できる関係
(2)
買い物には一緒に行くが、体や異性の悩みについては相談できない
(3)
家では普通に会話。たまに買い物に行く程度
(4)
家で会話をする程度
(5)
会話がほとんどない
(6)
母親はいない
(ワコール実施、「20歳までに学ぶべきこと、今の価値観の関係」調査より)

2014年、新成人の女性200人に初ブラについて調査を行ったところ、
約7割が親と一緒に初ブラを購入し、約3割が「親が買ってきた」と回答。

現在の母親との関係性について、初ブラを一緒に購入した母娘の約5割が、
大人になってもからだや異性について相談できる良好な関係だと答えています。
一方で、初ブラを親が買ってきたと回答した新成人女子のなかで、
良好な関係だと答えたのは約3割にとどまりました。

ファーストブラを母娘で一緒に買うことは、
未来のふたりの関係性に大きく影響することがわかっています。

ぜひ、お子さんの変化に目を向け、言葉に耳を傾けてみてください。
母娘の絆を強くするヒントが隠されているはずです。

初ブラは女の子が大人に
なる
最初の入り口

初ブラの着用は、女の子をひと回りもふた回りも成長させてくれます。

大人になったと感じたベスト4

  • アルバイト等でお金を
    稼いだとき
  • 彼氏ができたとき
  • 初潮を迎えたとき
  • はじめてブラジャーを
    つけたとき

新成人の女性に"大人になったと思った瞬間"を調査したところ、
「はじめてのブラを着けたとき」が回答のベスト4に。
女の子の意識のなかで、初ブラの着用は、
成長を実感できる重要なポイントなのです。

女の子にとって「ブラとの出会い」が、
ステキな想い出になるように。
初ブラ選びの母と娘の時間を、
大切にしてほしい。
それが、ワコールの願いです。

TOPへもどる