17 Sep, 2019

スタディオファイブは、
魔女である。

高揚感が炸裂する、2019年秋冬コレクション

スタディオファイブ 2019年秋冬コレクション
スタディオファイブ 2019年秋冬コレクション

 私たちは、魔女のどこに惹かれるのでしょう。ハロウィンで魔女のコスプレをしたくなるのは、なぜなのでしょう。その魅力が、善悪を超越した魔性というべき能力に由来することは間違いありません。それは人を引き寄せ、惑わせる、ミステリアスな強い力。魔女の吸引力は、誰にも媚びることなく、抗いがたい魅力を放つ、スタディオファイブのクールなイメージともリンクするのではないでしょうか。2019年秋冬コレクション「THE WITCH STORY(魔女の物語)」を見て、その思いは確信に変わりました。

マジックサークルのモチーフと色使いは別世界への扉
マジックサークルのモチーフと色使いは別世界への扉

もともとスタディオファイブというブランドは、ワコールの別部隊というコンセプトにより、1981年、東京発のブランドとしてスタート。大胆で独創的なランジェリーで、多くの女性に自分を貫く勇気を与えてきました。そんな個性的なブランドが、新たに発信する魔女とはどんなものなのか。最初に見ていただきたいのが、魔術の儀式で描かれる模様「マジックサークル」をモチーフにしたコレクション。異世界へといざなうファンタジックなデザインは、まさに、着るパワースポットといえそうです。

今回のコレクションを理解するために、ぜひチェックしてほしいのが、魔女の物語が凝縮された1分弱のイメージ動画です。霧が立ち込める幻想的な森を、たいまつを手に歩く女性の姿から始まり、クライマックスで到達するのは、鮮烈な炎のイメージ。ゆっくりと踊る女性は、何か確証を得たような表情を浮かべ、その印象が余韻としていつまでも残ります。ここで描かれているのは、特別な場所を訪れた女性が、秘めた力を呼び覚まされる魔術的な時間なのでしょう。

情熱の波動が感じられる華やかなコレクション
情熱の波動が感じられる華やかなコレクション/とんがり帽子のような裾デザインのスリップ

炎のオレンジは、ハロウィンのシンボルカラーでもあります。悪霊を退け、良霊を呼び寄せるため、くり抜いたカボチャに蝋燭を灯す習慣がありますが、動画の中では炎がパワーとなり、幸せのオーラになっていく。恍惚とした女性の胸もとを飾るオレンジのブラジャーの美しさといったら! 妖しく揺らめく炎の輝きを映し出す、華麗な曲線モチーフに注目したいところです。また、このコレクションは、ゴージャスなゴールドもあり。とんがり帽子のような裾デザインのスリップは、魔女への近道です。

ランジェリーの魔法は、夢じゃない

魔女の棲む森を思わせる非日常的なコレクション
魔女の棲む森を思わせる非日常的なコレクション

 さて、ハロウィンのもうひとつのシンボルカラーといえば黒。動画の中では、炎と対をなす、ほの暗い神秘的な森の風景として表現されていました。この森は、何かが生まれる予感をはらんだプリミティブなイメージですね。そこで思い出したのが、彩瀬まるの『森があふれる』いう小説。ある女性が草木の種を大量に食べて「発芽」し、森になっていく話ですが、彼女の目的はコミュニケーション。刻々と変化する森は、不思議な力で、人の心の深層にアクセスできるというわけです。
 動画の中で、森とともに登場したのは、妖艶な黒のコレクション。一歩ずつ土を踏みしめていく女性の姿からは、ブラジャーとショーツ、ガーターベルトの完全な調和が見てとれました。改めて細部をよく見ると、鬱蒼とした森の植物が重なり合う陰影が表現されていることに驚かされます。黒のランジェリーに、深い魅力を与えてくれるのが、このような森のディテール。他方、森と一体化するかのようなワインカラーのスリップにも、静謐な癒しというべき官能が香ります。

マジックフラワーの色構成が美しすぎる
マジックフラワーの色構成が美しすぎる

 魔女の歴史や定義はさまざまで、世界には、実に多彩な魔女が存在するようです。魔女がひとつの色に染まることなど、ありえないのかもしれません。そこで最後にご紹介したいのが、色鮮やかなマジックフラワーをイメージしたコレクション。マジックフラワーは「インカの聖なる花」と呼ばれ、アンデスを象徴する花のようです。厳しい気候でも美しく咲く魔法のような力を宿しているのかもしれませんね。このコレクションでは、宝石のようなレインボーカラーの輝きに、心を射抜かれてしまいます。
 手の込んだ意匠に触れていると、静かなエネルギーが宿っていることを感じます。肌につければ、何らかの魔女的変化をもたらしてくれることは確か。既に下着やランジェリーの力を知っている人にとっては、どんな魔法も、もはや夢ではないですよね? 内面から自分を鼓舞してくれる「美しいもの」を身にまとうって、幸せなことだと思います。手始めに、ハロウィンやクリスマスなど、人間の世界に次々とやってくるイベントを、自分好みのテイストに塗り替えてしまいましょうか。

スタディオファイブ[STUDIO FIVE]
https://www.studiofive.jp/

スタディオファイブ[STUDIO FIVE]のSHOP LIST
https://www.wacoal.jp/shops/search-result.html?bbr=412

Related Story

シースルーを決める夏

シースルーを決める夏

見せてもいい、見せなくてもいい、見えても…
  • EVENT
  • LIFE STYLE
  • STUDIO FIVE
透明感のトレンドを読む

透明感のトレンドを読む

不透明な時代だから、下着には透明感を。
  • CULTURE
  • LIFE STYLE
  • SIMONE PERELE
  • STUDIO FIVE
  • Trefle
  • WACOAL DIA
  • une nana cool