魅惑のランジェリーエッセイ 上流下着のつどい Upper Inner Salon|ワコール

28 Oct, 2020

2021春夏ファッションと
インナーの未来図。

サステナブルなものづくりとは?

ハンロで人気のアリュール ブラキャミソール
ハンロで人気のアリュール ブラキャミソール

 ファッションはいま、変革のとき。10月初旬に幕を閉じた2021年春夏パリコレクションでも、多数のブランドがオンラインで新作を発表するなど、大きな動きがありました。観客数を抑えてリアルなショーをおこなったブランド、無観客のショーや独自の映像をデジタル配信したブランド、パリコレへの不参加を決めて自国でショーをおこなったブランドなど、それぞれが独自の道を模索しており、改めて時代の転換期に立ち会っている思いがしました。

 画面上からもよくわかる、鮮やかな色彩や大胆な造形美が注目を集めたのも、必然の流れといえるでしょう。肌ざわりや着ごこち抜きには語れないインナーウェアの世界においても、ぱっと見て伝わる上質感や美しさが、今後ますます求められていくのかもしれません。そしてそれ以上に、いま大切なのは、ブランドの思いや価値観を伝え、共有することなのではないか。2021年春夏のインポートランジェリーを見て、そんなふうに思ったのでした。

ハンロ2021春夏コレクションより、レモンの木がデザインされたオーストリア製レース

 近年、あらゆる経済活動のキーとなっているのが、環境や社会に負荷をかけずに資源を利用していく「サステナブル(持続可能な)」というワード。1884年、スイスで創業したハンロは、メイド・イン・ヨーロッパにこだわり、130年以上、誠実なものづくりで人々の信頼を得てきました。生地の80%は、サステナブルな生産現場に与えられる認証「エコテックス(R)ステップ」を取得した本社工場で生産され、レースも地元サプライヤーのものを使用するなど、「サステナビリティ」は、常にDNAの一部であり伝統であったそうです。

 企業やブランドが、社会に求められる存在であり続けるには、未来への配慮が不可欠なのでしょう。ハンロの製品はすべて、世界トップレベルの安全な繊維製品であることを証明する「エコテックス®スタンダード100」に認定されており、時を超えて愛されている定番スタイルを中心にしたコレクションは、長く着られるものばかり。新作のエコロジカルな植物モチーフや、着まわしやすいミックス&マッチのコーディネイト提案は、来春への希望のメッセージのようでした。

100年前のブラが語るスタイル

シモーヌ・ペレール2021春夏コレクションより細部のデザインにこだわったブラジャー

 また、シモーヌ・ペレールは「セカンド ネイチャー(第二の天性)」をテーマに新作を発表。自然からインスピレーションを得て、もうひとつの肌というべき着ごこちのいいランジェリーやブラを提案。フルカップのトライアングルブラ、プッシュアップブラ、1/2カップブラなど、豊富なブラのラインアップには思わず目を奪われてしまいます。フランスらしい気品あふれるデザインと軽やかなサポート力に、このブランドの人気の秘密がありそうです。

 1948年、パリの小さな工房からスタートしたシモーヌ・ペレールは、「女性が魅力的であるか、快適であるかのどちらかを選ぶ必要はない」と宣言し、美しさと着ごこちのよさを併せもつブラをデザインしたのだそう。絶えずその時代のニーズに注目し、答えを出してきた革命的なブランドであり、パリの女性たちに愛されている理由がよくわかります。長い年月をかけて、女性の心とからだに寄り添ってきたのですね。

2021春夏のブラジャー(シモーヌ・ペレールWISH/BIF348)

 シモーヌ・ペレールのブラを見ていると、ブラの歴史に思いをはせてしまいますが、京都服飾文化研究財団(KCI)のデジタル・アーカイブスに1920年代のブラジャーがありました。コルセットから解放され、下着が上下に分かれたころの貴重なアイテムです。当時流行したという、バストのふくらみを避けたボーイッシュスタイルに呼応していますが、光沢のある絹ジョーゼットと花飾りのついたレースは実にエレガント。2021年春夏のブラにつながる美しさではないでしょうか。

 1920年代は、戦争が終わり、女性の社会的自立がめざましかった時代。ココ・シャネルが初の香水No.5を発表したのが1921年でした。自動車が普及し、装いはカジュアル化し、女性の自由なライフスタイルが生まれたといいます。100年後の今を生きる私たちも、これからの10年には大いに期待したいところ。新たなテクノロジーが普及し、装いがカジュアル化しているあたりは、100年前と共通しているのでは? サステナブルな下着とともに、自由なライフスタイルを夢見ることにしましょう。

HANRO(ハンロ)
https://www.wacoal.jp/import/hanro/
シモーヌ ぺレール
https://www.wacoal.jp/import/perele/
京都服飾文化研究財団(KCI)のデジタル・アーカイブス
https://www.kci.or.jp/archives/digital_archives/

Related Story

モードな補整ランジェリーと、生きていく。

モードな補整ランジェリーと、生きていく。

胸も心も上がるリュクスボーテ
  • LIFE STYLE
  • SUHADA
  • 下着