魅惑のランジェリーエッセイ 上流下着のつどい Upper Inner Salon|ワコール

24 Nov, 2021

ドレスアップは、ボディへの美しいギフト。

パリのドレスアップ気分が香る、シモーヌペレール

 クリスマスカラーのブラたち / シルクのドレープが美しいキャミソール(SIMONE PERELE)
クリスマスカラーのブラたち / シルクのドレープが美しいキャミソール(SIMONE PERELE)

 大胆な肌見せやフェミニンなドレスなど、華やかさが印象的だった2022年春夏のパリコレクション。そのほぼ同時期に、パリの凱旋門が、シルバーブルーの布と赤いロープで「ドレスアップ」されたのをご存じでしょうか。故クリスト&ジャンヌ=クロードの夢を実現したアートプロジェクトです。「それは風になびき、光を反射するオブジェになる。ドレープの動きがシルエットを官能的にし、人々は凱旋門にさわりたくなるだろう」というクリストの予言通り、多くの人々を魅了しました。

 私もリモートでこの期間限定アートを見ましたが、ライトアップされて輝く夜の姿は、クリスマスギフトのようでした。それにしても、石の凱旋門が布をまとうことで「さわりたくなるほど官能的になる」なんて素敵ですね。パリの街に、ドレスアップ気分が一気に戻ってきたのではないでしょうか。今回最初にご紹介するのは、そんなパリで1948年に創業し、パリジェンヌを魅了し続けてきたランジェリーブランド、SIMONE PERELE(シモーヌペレール)。クリスマスにぴったりの最新コレクションです。

シルクのキャミソールとタップパンツ / ハーフカップブラとTバックショーツ

 ホリデーシーズンのおすすめは、ボルドーワインを思わせるナイトレッドのキャミソールとタップパンツ。シルクの繊細な美しさをカッティングデザインで引き出した、シモーヌペレールらしいコレクションです。流れるようなドレープと贅沢なレース使いは、ため息が出るほどエレガント。レース以外はシルク100%で、吸い込まれるような輝きとしっとりとした肌ざわりに加え、冬場は温かく過ごせるのも魅力です。特別な日のルームウェア、ナイトウェアになりそうですね。

 そして、とっておきのドレスやニットの下には、ローズピンクが可憐なハーフカップのブラを、アウターにひびきにくいTバックショーツと合わせて。緻密なチュールエンブロイダリーレースとサテンのパイピングがレトロシックなコレクションです。レース1枚仕立てのブラは、フレンチランジェリーの真骨頂。素肌に浮かびあがる刺繍がバストになじみ、セクシー過ぎることなく、自然な丸みのあるシルエットに。軽やかなつけごこちとともに、いつもと違う自分を発見できることでしょう。

クリスマスのごほうびに、ボディへの愛を

プランジングタイプブラとTバックショーツ(ストラップはバッククロスのアレンジも可能)/ フルカップブラとボーイレングスショーツ

 シモーヌペレールのランジェリーは、シンプルで気品にあふれています。ほとんどのアイテムが単色なのに、単調に感じられない深みは、同じカラーの中で異なるテイストのレースを組み合わせるなど、比類ないデザインセンスとテクニックによるもの。白のフルカップブラとボーイレングスタイプのショーツのコーディネイトは、計算された透け感が美しく、エレガントでありながらモダンでスポーティ。清楚なだけでは終わらない、大人のセクシーさを演出する冬の白、かっこいいですね。

 他方、シモーヌペレールの社長、マチュー・グロドネル氏の「下着は女性がいちばん最初に身に着ける宝石だ」という言葉を思い出させるのが、メノウグリーンのフルカップブラとTバックショーツ。胸もとが大きく開いたドレスも美しく着こなせるプランジングタイプのブラは、しっかりとしたパッド付き。透明感のある花柄のジャカードレース、さらに、モダンなリバーレースでトリミングされ、バストも気持ちも盛り上がります。ショーツのバックスタイルのキュートさにも注目を。

フルカップブラとショーツ/ボディスーツ/ロゴチャーム(Ulla)

 また、ヨーロピアンテイストの下着で、ボリューム感を求めている方は、Ulla(ウラ)のハンドメイド・ランジェリーをチェックしてみてください。1949年にドイツのライナッハで創業した家族経営の会社で、多様性の時代を先取りした豊富なサイズバリエーションが魅力のブランドです。日本で取り扱われているのはカップサイズB〜I、アンダーは120cmまで。豊かなバストをサポートし、シルエットを美しく整えるパターンで、一人ひとりの個性美を引き出してくれます。

 最新コレクションは、刺繍が映えるレーシィなデザインと光沢のあるブルーが華やかですね。フルカップブラは、サイドパネルで脇をすっきりとサポートする3枚接ぎの構造で、バックには伸びのよいマイクロファイバー素材を使用。アイテムごとにバランスよく配置されたロゴチャームにも、ボディへの愛が感じられます。「女性のからだへのラブレター」をテーマにしたこのブランドも、1年間がんばった自分へのごほうびに最適ではないでしょうか。自分のからだをいとおしみ、クリスマスや年末に向けて高まるドレスアップ気分を、美しいランジェリーで満たしてあげましょう。

SIMONE PERELE(シモーヌペレール)
https://www.wacoal.jp/import/perele/
Ulla(ウラ)
取り扱い店舗一覧
wacoal Style インポートランジェリー10選
https://www.wacoal.jp/style/luxury-import/

Related Story

ブラの日に、美しい明日を仕込む

ブラの日に、美しい明日を仕込む

ブラから始まる記念日のときめき
  • CW-X
  • PARFAGE
  • STUDIO FIVE
  • Salute
  • Trefle
  • 下着
いま、本当に着たいものは?

いま、本当に着たいものは?

おしゃれの原点に立ち返った1年
  • AMPHI
  • KCI
  • Salute
  • une nana cool
  • アウター
  • 下着