魅惑のランジェリーエッセイ 上流下着のつどい Upper Inner Salon|ワコール

22 Sep, 2021

秋色が、みずみずしさを連れてくる。

素材が引き立てるYue(ユエ)の秋色

Yue(ユエ) 40 GROUPより
Yue(ユエ) 40 GROUPより

 9月23日の秋分の日から11月7日の立冬にかけては、いよいよ秋の本番というべきシーズン。秋らしい趣や気配のことを秋色(しゅうしょく)といいますが、今回は、深まりゆくこの季節にふさわしい、秋色(あきいろ)の世界へのお誘いです。日本人は古来から、四季折々の植物などで衣服を染め、着ることを楽しんできましたが、自然の美しさに寄り添う気持ちは、季節感が失われつつある現代も忘れたくないもの。さっそく、今年らしいとっておきの秋色を探してみましょう。

 まずは、8月にデビューしたランジェリーブランドYue(ユエ)から、やわらかなチュールを使ったコレクション(40 GROUP)の3色です。それぞれ落ち着いた中間色でありながら、なんてみずみずしいのでしょう。日本の伝統色にたとえるなら、ワインカラーは、平安貴族が好んだ上品な葡萄色(えびいろ)に近く、オリーブグリーンは、江戸時代に流行した艶っぽいブラウン系の媚茶(こびちゃ)のよう。淡いベージュは、白く輝くススキの穂の尾花色(おばないろ)を思わせます。

Yue(ユエ) 10 GROUPより

 また、チュールとサテン素材を組み合わせ、繊細な刺繍をほどこした10月発売予定のコレクション(10 GROUP)にも、香り立つような秋色が。そのひとつは、シックなブルー系。可憐なシオンの花のような青みのある紫で、『源氏物語』に登場する紫苑色(しおんいろ)とはこういう色かと想像が広がりますね。一方、淡いオレンジは、クチナシと紅花で染めたという、平安装束由来の柑子色(こうじいろ)の系統でしょうか。サテンの光沢が、清楚な色の魅力をいっそう輝かせています。

 秋色をみずみずしく艶やかに見せるのは、素材のちからなのかもしれません。リップカラーの印象が、マットとシアーでは大きく変わるように、上質な素材のテクスチャーや透け感が、ランジェリーの色彩に生命を吹き込んでいくようです。色付いた秋の風景をきものに見立てた「紅葉衣(もみじごろも)」という表現がありますが、メイクアップを楽しむように、さまざまな秋色を身につけ、美しい季節を肌で感じてみたいなと思いました。

ナイトウェアがいざなう秋色の夢

睡眠科学のシルクサテンパジャマ / エミリー・バーニンガムのぶどう柄パジャマ

 さて、あなたは、1日を締めくくる就寝時にどんな色を身につけていますか? 昼間よりも落ち着いたトーンの色味を好まれる方も多いかもしれませんね。そういう意味では、ナイトウェアこそが秋色の出番。ここちよい眠りにこだわるブランド、睡眠科学のシルクサテンパジャマはいかがでしょうか。栗色のニュアンスをもつローズピンクが、甘い夢へ誘ってくれそうですし、肌になじみやすいシルクを用い、肌あたりのよい縫製が工夫されているのもうれしいポイントです。

 秋らしい柄を選ぶなら、エミリー・バーニンガムの新作、ぶどう柄のパジャマがおしゃれ。テキスタイルデザイナーとして高い評価を得ている彼女は、フランスでぶどうの蔦をみあげていた時に、このデザインを思いついたそう。「葉や枝が複雑に絡み合い、その間に、時折太陽の光にその実を透かしながら宝石のようにぶら下がるぶどうはそれは美しいものでした」とコメントしています。表側はエレガントなアムンゼン(梨地)、肌側はソフトなガーゼ素材の二重織りでふんわりしています。

京都服飾文化研究財団(KCI)のデジタル・アーカイブス

 実は、パジャマが得意とするのは、ここちよい眠りだけではないようです。歴史をひもとくと、パジャマは19世紀末に男性の室内着や夜着として欧米に広がり、1920年代になると女性の間でも流行。海辺のリゾートや夜のパーティーなど、さまざまな場面で着られるようになったといいます。京都服飾文化研究財団(KCI)のデジタル・アーカイブスで「1930年代のイヴニング・パジャマ」をぜひご覧ください。草花の色柄も布地の質感も、かなりきらびやかです。

※KCI(京都服飾文化研究財団)は、ワコールの出資により設立された、公益財団法人です。

Salute(サルート)10 GROUPのランジェリードレス

 10月中旬に発売予定のサルートのランジェリードレスは、そんな時代を思い起こさせる優雅な逸品。ガウンとロングスリップのラグジュアリーなセットが、リラックスタイムを豊かに彩ってくれることは間違いありません。とりわけ秋を感じる紫系の色は、洋の東西を問わず、高貴な人が身につけてきた気品ある色ともいわれ、心惹かれます。ときに千年前の平安貴族、ときに百年前のモダンガールになった気分で、秋の夜長をゆったりと過ごせたらいいですね。

Yue(ユエ)
https://www.yue-japan.com/
睡眠科学
https://www.wacoal.jp/pw/suimin/
エミリー・バーニンガム
https://www.wacoal.jp/pw/emilyburningham/
Salute(サルート)
https://www.wacoal.jp/Salute/
京都服飾文化研究財団(KCI)のデジタル・アーカイブス
https://www.kci.or.jp/archives/

Related Story

いま、本当に着たいものは?

いま、本当に着たいものは?

おしゃれの原点に立ち返った1年
  • AMPHI
  • KCI
  • Salute
  • une nana cool
  • アウター
  • 下着
運命を身につけるクリスマス。

運命を身につけるクリスマス。

冬の人魚に似合うブラは?
  • BRAGENIC
  • Lucest
  • PARFAGE
  • STUDIO FIVE
  • Trefle
  • 下着