女の子の防犯意識を高めよう ~からだとこころを守るために~

成長期の女の子は、少しづつ大人に向けて、からだとこころが変化していきます。日常生活では、学校生活の他にも、習い事やクラブ活動、友人との外出など、今まで以上に活動範囲が広がっていきます。
成長にあたり、保護者の目が届かない時間が増えていくのは自然なことですが、心配も増え…。
そこで「女の子の防犯意識を高めること」について、おうちの方に知っておいていただきたい内容を取り上げます。

「からだの成長について話す」ことから始めてみませんか?

成長期・思春期の女の子の揺れ動くからだとこころを見守り、あたたかくリードしていくためには、親子でからだの成長やブラジャーのことを話しあう時間が大切です。

女の子にとって、バストのトップがふくらみ始め、第二次性徴が始まるタイミングは、バストの先がふくらんで少しチクチクし始めたり、他の子とつい成長を比較してしまったり…。「これって大丈夫なの?」と不安に思う女の子も少なくありません。ガールズばでなびには、「誰に相談したらいいのかわからない」という声も多く届きます。

そこでおうちの方の出番です!

お子様の成長を見守り、お子様の話に耳を傾け、寄り添ってあげてください。
「女の子のカラダがどのように成長していくのか」「からだの大切さについて」、お子様と話をすることから始めてみませんか?

からだに対しての不安や戸惑いを家族にしっかりと受け止められた経験は、きっと、子どもたちが「自分のからだを大切に思う気持ちや自信」にもつながります。おうちの方が、これからも信頼できる良き相談相手となれるよう、ぜひ、時間をつくってみてください。

「からだの成長理解は 防犯意識を高めること につながる?

ガールズばでなびには、女の子から、バストの成長にともなって「男の子の視線が気になる」という声が届きます。
一方、学校の先生や周囲の保護者からは「女の子自身が” じぶんのからだの成長”に気づいておらず、周囲の大人がひやひやしてしまう場面もある」という声が届きます。

大人が  ヒヤッとするケース

  • 体操服から胸(乳頭・ちくび)が透けている
  • 運動会の時に、体操服の下にブラジャーをしておらず、バストの輪郭がわかる位の状態で透けている
  • 前かがみになって遊んでいるときに、服のすき間から胸が見える
  • しゃがんだ時に、パンツが見える
  • 階段を上っている時、後ろを歩いている人からスカートの中が見える
  • 鉄棒をしていて、服がめくれ肌が見える
  • スカートをはいて地面に三角座りをしていて、パンツが見えている
  • 洋服の上から下着の線が透けて見える

お友達と夢中になって遊んでいる公園、わくわくした気持ちで出かける課外授業など、子供達も気づいていないケースが多く、無防備な姿になってしまいがちです。

親の目の届かない場所でのこのような姿は、気づく機会が少なく、注意ができません。結果、そのままの姿で過ごしてしまうことが多いようです。多くの人の目に触れやすいため、こども自身が「この状態はいけない」と気づけるように、意識を高めていくことも大切です。

女の子には、おうちの方から「からだの成長や下着の大切さ」について話をした上で「胸やお尻など、水着で隠れる部分(プライベートゾーン)は他人から見えないように気をつけることが大切」と教えてあげましょう。「防犯を意識する」最初の一歩です。

また、からだの成長については、個人差や男女差もありながら「他の子はどうなの?」と子供は興味が出てくる時期です。プライベートゾーンは「友だちにも見せない・さわらせない」ように伝え、悩みや困ったことがあれば相談するように伝えたいですね。

参考DATA 子供の犯罪被害の現状

平成25年の警察白書によると、13歳以下のこどもが被害者となった「強制わいせつ」「強姦」被害が、 1年間に1,000件以上報告されています。 平成15年から平成25年にかけて、被害件数は約半数に減少していますが、まだまだ多い状況です。

罪種別子供(13歳未満の者)の被害件数の比較(「平成25年版 警察白書」より抜粋)

犯罪(件) 殺人 強盗 強姦 暴行 傷害 強制
わいせつ
公然
わいせつ
逮捕・監禁 略取・誘拐 わいせつ
目的
略取・誘拐
平成15年次 93 21 93 945 536 2,087 79 12 133 56
平成24年次 67 11 76 843 492 1,054 138 7 95 29
犯罪(件) 平成15年次 平成24年次
殺人 93 67
強盗 21 11
強姦 93 76
暴行 945 843
傷害 536 492
強制わいせつ 2,087 2,087
公然わいせつ 79 138
逮捕・監禁 12 7
略取・誘拐 133 95
わいせつ目的
略取・誘拐
56 29

「女の子の下着選び」について

女の子のバストはステップ1・2・3と3つの段階で成長をしていきます。バストトップがふくらみ始めるステップ1がジュニアブラの着け始めの時期とワコールではお伝えしています。

ステップ1の時期は、バストの先は敏感で、ふくらみ始めたバストトップは服から目立つようになってくるからです。
この時期のブラジャーには「カラダを隠す」「敏感なバストを守る」役割もあります。バストの成長を見逃しやすい時期でもあるので、お子様の成長を気にかけてあげてください。

「ブラジャーをつけたくない」と嫌うお子様の場合、今は様々なタイプのブラジャーやカップ付きのインナーもあります。気持ちを受け止めながら、一緒に選んであげてくださいね。

洋服や体操服からブラの透けを防ぐには、肌着(インナー)を、スカートをはく時にはオーバーパンツの着用がおすすめです。

この記事をきっかけに、ぜひ親子でお話をしてみてください。からだのこと、下着のことを話しながら、親子で下着選びを楽しんでいただくことが私たちの願いです。

こちらの記事もおススメ

ファーストブラを母娘で一緒に買うことは、
未来のふたりの関係性に
大きく影響することがわかっています。

親子関係良好のカギ! 親子で初ブラ選びの大切さとは?

MENU