TEAM BLOGチームブログ

  • HOME
  • チームブログ

坪倉 琴美

選手インタビュー2回目は坪倉 琴美選手です。

2020年08月13日 | 栄養士の食事紹介

2018年に入社。2018年のプリンセス駅伝ではチームの優勝に大きく貢献した坪倉琴美選手。
2019年はハーフマラソン、10000m、5000mなどで自己ベストを更新し、レベルアップを続けてきました。その年の秋から大きな怪我でリハビリをしていましたが、毎日努力を積み重ね、今年のホクレンディスタンスチャレンジからレースに復帰することができました。今回は坪倉選手が陸上を好きな理由、故障の経験から学んだことなど話を聞きました。
      
プリンセス.jpg
      
『陸上のどんなところが好きですか?』
      
自分が目標を達成して記録を出すことも嬉しいですが、それに加えて応援してくれた人が私の走りや結果をみて、元気をもらえた、と言ってもらえるので、そこが好きです。
   
縮小版坪倉①.jpg
     
『坪倉さんは長く陸上を続けていますが、これまでの身体づくりで目標としていたことはなんですか?』
       
陸上を始めたのは小学校で、中学生までは何も考えずに走っていました。高校時代からは強くなりたかったので、身体を絞ることを意識していました。全国で活躍する長距離選手を見ると、痩せている選手が多かったので、その選手の体型を目標にし、当時は155㎝くらいで30㎏台だったと思います。体重が軽ければ走れる、痩せているのが一番良い、という考え方でした。
     
『確かに、痩せている陸上選手は高校生でも多いですよね。』
      
当時は痩せれば強くなると信じていたので、痩せるために食事制限をしても、辛いと思ったことはなかったです。しかし、栄養のことを勉強して今になって気付いたのは、成長期に身体を作る必要なエネルギーが足りず、身体に良くなかったと思います。それで骨が弱くなって、何度も疲労骨折をしてしまいました。
       
『中学、高校での無理な減量は身体へ悪影響があると日本陸連からも注意が出ていますね。成長期は運動に合わせて十分な栄養と休養が必要と言われています。』
    
  ※日本陸連のHPより、骨をテーマにしたセミナーについて(2017年)
   https://www.jaaf.or.jp/news/article/10163/
       
『ワコールに入ってからの食事はどうですか?』
        
練習での走行距離も質も増えたので、合わせて食事量も増えました。特にお昼のボリュームが増えました。私は高校時代に食事量が少なかったこともあり、骨密度が低いのですが、食事をしっかり食べ続けて骨密度の数値も増えました。
      
縮小版坪倉 ②.jpg
      
『2018年のボルダー合宿でも考えて食べていましたね。選手でランチを作る日には、栄養バランスの良い美味しい献立を作ってくれて、感激したのを覚えています。』
    
縮小版坪倉④.jpg縮小版坪倉 ③.jpg料理写真1.jpg
       
食事に気を付けていますが、それでもまだ私は骨が弱いので筋肉をつけて身体を支えていこうと思っています。そのためには、まず運動で消費したエネルギーを不足なく取り、「+α」で筋肉をつけるための栄養を取らないといけません。今まで筋肉をつけるというよりは、体重を落とすことを意識していたのでその考え方は少しずつ変わりました。
      
『そうですよね、しっかり食べてエネルギーがないと動けないですもんね。』
        
ワコールに入って2019年に自己ベストを更新したのも、バランス良く食事をとり、故障なく1年を通して継続した練習ができたからだと思います。身体の軸は安定するようになったと感じていますし、できなかった補強が出来る、回数を増やせる、など成長を実感します。チームで行っている体組成の測定でも体脂肪が減り、筋肉量の数値が上がりました。
      
全日本.jpg
      
『しかし、自己ベストが出たその後でしたよね...怪我をしてしまったのは...』
        
はい、調子がよかった時期に、なんで今なのだろうと思いました。調子が良かったからこそ、クイーンズ駅伝も良いイメージもあったので悔しくて本当にショックでした。
   
縮小版坪倉⑤.jpg
       
『その苦しい時のモチベーションはどうやって維持していたのですか?』
      
リハビリとか、やっていることに意味があるのは理解しているのですが、リハビリをしている最中は、私は何をしているのだろう、なんでまだ治らないのだろう、何のために実業団に来たのだろうとか、思う事もありました。その時はいろんな人に相談して、「その時の自分を受け入れる」ようにしました。かなり落ち込むこともありましたが、その時も陸上を辞めたいとは思わなかったし、自分の可能性を今後もっと広げたいと思うことがモチベーションになっていました。
      
『そんな怪我から学んだことはありますか?』    
     
体重が増えるのが怖いという気持ちはずっとあって、食事量を少なめに調整していたのですが、でもそれだけでは怪我が治らないので、しっかり食べるし、しっかり動くというのは気を付けていました。最初は走っていないのに食事をしっかり食べることに抵抗はありましたが、絶対に治したいと思ったから、食べることを選びました。
      
『故障したからこそ大切なことに気付いたのですね。』    
     
そうですね、今でもまだ理想の練習ができる身体になったとは言えないですが、いずれはマラソンに挑戦したいと思っているので、マラソン練習や長時間のレースに耐えられる強い身体をつくっていきたいです。
私は継続した練習ができれば、必ず結果につながると信じています。練習中は苦しくて楽しいと思うことは少ないですが、試合で結果がでると最高に嬉しいので、その為に今後も頑張りたいと思います。
   
縮小版 坪倉⑥.jpg

テレワークをされてる方へおすすめエクササイズ

2020年04月14日 | 坪倉 琴美

こんにちは!
今コロナウイルスの影響でテレワークをされている方が多いと思います。

そんな方々にも是非していただきたいエクササイズをひとつご紹介します!
見本は一山 麻緒ちゃんがやってくれました。

①膝立ちになる
ストレッチ1.jpg

②かかとを持つ
ストレッチ2.jpg

③胸を前に突き出すように伸ばす
ストレッチ3.jpg

テレワークで、前のめりや、猫背になりがちだと思いますので、そう言った方におすすめです!是非、やってみてください☆

コロナに負けないぞーーー!!!

3D smart & tryを体験してきました。

2019年12月13日 | 坪倉 琴美

京都は紅葉シーズンも終わりを迎え、本格的に寒さが増してきましたが
皆様いかがお過ごしでしょうか?

突然ですがワコールの新サービス『3D smart & try』をご存知ですか?

『3D smart & try』とは3Dボディスキャナーで計測したデータをもとに
AIと会話しながら商品をチェックしたり、プロのアドバイスを受けながら下着を選ぶことができるサービスです。
今年5月に東急プラザ表参道原宿4階にオープンし、チームの本拠地である京都でも先月JR京都伊勢丹店で設置されました。

そこで実際に店舗で体験してきました!
持ち物は不要で誰でも無料で計測できます。
計測自体は約5秒しかかからず早さと手軽さに驚きました!

計測後に自分の体が3Dでタブレットに映し出されサイズや形を確認することができます。
そのデータを元にプロのビューティーアドバイザーさんから丁寧なカウンセリングを受けて
楽しい時間を過ごすことができました(^^)


詳しくはワコールのHPに掲載されてます。
【ワコール3Ⅾスマート&トライ】で検索してみてくださいね。
https://www.wacoal.jp/smart_try/

日々変化する体型に合った下着を身に着けることで毎日快適に過ごすことができます。
なので、、、ぜひ沢山の方々に3D smart & tryを体験していただき
自分に合う下着を身に着けることが快適な日々に繋がると嬉しいです(*^^*)

自分に合うものを選ぶことは競技と似ている所があると感じます。
私は競技をする上で日々変化するコンディションに合わせた
走りやケアを大切にしています。
これからもその時々に合った走りやケアを行うことで
質の良いトレーニングを積み重ねていきたいと思います!

今週末には京産大記録会(14日)山陽女子ロードレース(15日)
年始には皇后杯都道府県対抗女子駅伝(1月12日)などレースが続いていきます!

今後もスパークエンジェルスの応援のほどよろしくお願いします\(^o^)/

こんにちは 坪倉 琴美です

2019年06月21日 | 坪倉 琴美

こんにちは!
今回は坪倉がブログを書かせてもらいます!
私はアメリカのボルダーにて合宿をしています!
こちらは朝は肌寒いですが日が昇るとともに気温も上がり、日中は強い日差しでジリジリします(>_<)
日本よりもかなり紫外線が強く、こちらにはなんと...!SPF100の日焼け止めが売られているほどです!!
日焼け止めをたっぷり塗っていますが追いついていないようで...
「黒くなったね」とコーチから言われてしまいました(T-T)
黒い肌は望んでいませんが、、、
それだけ練習をして強くなったと思えるように残りの期間もトレーニングに励んでいきたいと思います!
  
今回のような海外合宿になると食事は栄養士の澤野さんが作ってくださいます。
練習時間や内容に合わせて選手のことを考えたメニューを考えていただき、美味しいご飯が毎食楽しみです(^-^)

坪倉1.jpg
これは朝食で作っていただいたフレンチトーストです!
バケットとベーグルの2種類、どちらも美味しくいただきました〜(*^^*)

坪倉2.jpg
これは先日選手4人で作った夕食です。
献立は...
さつまいもミートグラタン、野菜たっぷりスープ、アボガドサーモンサラダ、洋梨 でした〜
さつまいもミートグラタンは寮でも人気のメニューで卵を入れて焼くとより美味しいです!
4人で作る料理は楽しかったですし、何より「美味しい美味しい」と食べてもらえて嬉しかったです(*^^*)
  
今回は夕食のみ4人で作りましたが、普段は澤野さんが毎食1人で作ってくださっていることを思うと本当に有難いです。
こうして競技に集中できる環境にあることやサポートしてくださる方々がいるからこそトレーニングに励めることは当たり前ではありません。
  
特に自分にとってはオリンピックに向けてトレーニングする先輩方と一緒に合宿をさせてもらえることがとても幸せです。
何気なく過ごしてしまいがちですが日々感謝の気持ちを忘れずに生活していきたいなと改めて思いました。
  
残す合宿期間もあと少し...
帰国後のレースに向けて残りの練習もしっかり消化していきたいと思います!

最後は雄大な景色でお別れです
坪倉3.jpg

最後まで読んでいただきありがとうございました*\(^o^)/*


クイーンズ駅伝ご声援ありがとうございました!!

2018年11月29日 | 坪倉 琴美

11月25日クイーンズ駅伝では沢山のご声援ありがとうございました!!
おかげさまで目標であった5位 シード権を獲得することができました!
集合k.jpg

私は駅伝当日、4区清水選手の付添いをさせてもらいました。テレビ中継を見ている中でワコールの声援がとても大きく、画面から映らなくなっても聞こえるほどでした...!
あれだけの声援を受けながら走った選手はとても力になったと思います!

駅伝後、競技場に集まってくださった方々からも「お疲れ様!おめでとう!」とたくさんの声を掛けていただき本当に嬉しかったです!
こんなにも応援してもらえるチームに所属できていることがとても幸せです(*^^*)

坪倉 琴美2.jpg

この結果、このような気持ちになれたのも走ってくれたみんなやサポートしてくれた選手、スタッフの方々、応援してくださった皆様のおかげです。ありがとうございます!


来年のクイーンズ駅伝では今年よりも上の順位を目指し、応援してくださる皆様と喜びを分かち合いたいと思います!
これからもスパークエンジェルスの応援のほど
よろしくお願いします(^O^)


こんちには!新人の坪倉琴美です!

2018年07月02日 | 坪倉 琴美

梅雨の時期にもかかわらず、日差しの強い日が続いていますね。

雨降りは好きではありませんが、少し雨が恋しくなります...

さて、今回は先日チームで行ったメンタルトレーニングの話をしたいと思います!

スポーツ心理学博士の布施努先生をお招きして、研修会を行いました。

お話を聞くだけでなく、グループディスカッションをしながら楽しんで学ぶ時間を過ごすことができました。


私が印象に残っていることは、宮里藍選手は女優力があるというお話です。
ここでいう女優力というのは、なりたい自分になりきるということです。
素の自分とは別に理想の自分を演じるのです!


これはスポーツだけでなく、日常生活にも生かせるのではないかと思いました。
理想の人を演じることでそこに近づいていきます。

みなさんも大女優になったつもりで理想の人になりきってみてはいかがでしょうか?

何事もやってみないとわからないことばかりなので
今回学んだことを生かして色々試していこうと思います(^O^)


最後まで読んでいただきありがとうございました!

DSC_0043.JPG