TEAM BLOGチームブログ

  • HOME
  • チームブログ

安藤 友香

選手インタビュー 安藤 友香選手 パート2

2020年09月10日 | 栄養士の食事紹介

前回に引き続き、安藤選手のインタビューです。ワコールに入って、いろんな葛藤や変化があったそうです。これまでの経験をたくさんしゃべってくれました。
      
縮小版安藤②-①.jpg
     
『1日の練習時間はどれくらいですか?』
    
朝は普段4:40くらいには起きています。それから身支度をして5:00くらいにはストレッチとか体操を始めて5:20くらいからは、外で動き始めて5:50の全体集合に合わせます。7:30から朝食、9:00からは会社で勤務です。午後は勤務が14:00までなので、14:20には着替えて練習前の補強とかをスタートできるように準備しています。16:00くらいからポイント練習が始まり、練習は内容にもよりますが18:00くらいには帰ってきます。
    
『起床時間早いですね...。練習前の準備も念入りに行っているようですが、他にもチームで決まった練習以外で、行っているトレーニングはありますか?』
    
多分、補強とかウエイトトレーニングなどは一山とか他の選手のほうが多くやっていると思うのですが、私はフリージョッグのペースが速いほうなので、走る距離は多いかなと思います。マラソン練習中でなくても月間の走行距離は1000㎞を超えていますね。
   
ジョッグは高校の時からペースが速くて、その習慣が続いているんですよね。今でもペースを落としすぎると疲れやすく、身体に変な抵抗がかかるので速いペースで走るほうが気持ち良くできます。その速いペースのフリージョッグを続けることで足づくりをして、それが身体づくりの基礎になっていると思います。
マラソン練習中も、練習メニューの入っていない日でもジョッグは疲労回復の1つとして、完全に休むよりも良い気分転換になります。
    
縮小版安藤②-②.jpg
     
『ワコールに入って1年半ですが、チームはどうですか?』
    
みんな個性豊かでいいですね。年上年下関係なく、学ぶことが多いです。
今まで所属していたチームは駅伝がなくて個人のレースばかりだったので、高校ぶりの駅伝チームの雰囲気は良いなと思いますし、実業団の駅伝は新鮮に感じています。
    
会社の方も陸上部を応援してくれて嬉しいです。私は練習や試合などの遠征、合宿などであまり会社での仕事をしていないので、職場でどう思われているかな、と不安に思うこともあるのですが、いつも全力で応援してくださるし、課内のライングループでは私が試合結果を報告するより早く、職場の方が結果を入れてくださったり、いつもチェックして頂いて嬉しくて、ありがたいです。私は新卒での入社ではないので、不安があったのですが、不安をかき消すような良い職場の方に恵まれて感謝しています。
   
『ワコールに入って印象に残っている出来事はありますか?』
     
今年の名古屋ウィメンズマラソンですね。優勝できなかった悔しさはあったけれど、今の自分ができる最高のパフォーマンスが全てできたことで、悩んできたことから脱出できたなという、今までとは違う嬉しさがありました。
    
ando_PKT203080734.jpg
     
マラソン前のアメリカ、アルバカーキでの合宿では高いレベルの練習ができないことも多く、悩んでいました。走れない自分に納得できず、名古屋で情けない姿を見せたくないとか、その時の自分を受け入れることが難しく、嫌な自分を見ないよう逃げていたのですが、監督に「そんな自分を認めろ、それが今の自分だ」とはっきり言われました。それが、ちょっとずつ受け入れるきっかけだったと思います。言ってもらえてよかったです。
     
それから名古屋ウィメンズの当日は今出来る自分を全て出そうと決めて走ることができて、すっきりしたというか、何か脱ぎ捨てて脱皮したような気持ちになりました。
     
ando_PKT203080702.jpg
       
最近は、仲の良い友達にも「変わったよね、いい意味で」と言われたことがあります。これまでは自分を強くみせなきゃいけないと考えていて、自分とは違う自分を作っていたかなと思います。周りに嫌われたくない、良く見られたい、高校の時は監督の理想の自分でいなきゃ、と考えていました。そうすると、自分の意志がなくなってしまって、ふとしたときに、自分が何をしたいのか、わからなくなることもありましたが少し変わってきたと感じています。
これまで前のチームの監督とか、周りにはたくさん迷惑かけて、本当に申し訳なかったのですが、今はありのままの自分が出せている気がします。
自分の思っていることとか、考えていることを周りに伝えることは大変ですが、大切なことだと思います。
    
『今後のレースに向けての課題はありますか?』
      
開催されるかわからないのですが、世界ハーフで勝負できるようになりたいですね。
走りの課題としては、レースは前半、中盤、後半とあるのですが、中盤の苦しいときに前に出て、攻めていくことです。強い選手はそこで攻めることができるので。
例えばインターバルの10本のうち、苦しくなる5~8本目で意識して練習する、フィジカルだけでなく、メンタルでも押せる強さを身に着けたいと思っています。
    
ワコールではいろんなメンタルの先生にもアドバイスをもらうのですが、話をしていると自分が大切にしている共通点がみつかるので、パフォーマンスにつながると思っています。
     
中田先生.jpg   
      
私は上のレベルまで行きたいときに、やるべきことを1個飛ばしでいこうとしたり、ネガティブに考えてしまうことが良くないのですが、チームではコツコツ前向きに努力する選手が多いので、見習いながら頑張ろうと思います。
    
本当に応援してくださる人が多くて、ワコールもですが、前の会社でも所属企業が変わったのに応援してくださる方もいるので、応援してくださる方にこれから恩返しができるといいなと思っています。
   
がんばります!
   
縮小版安藤②-③.jpg

選手インタビュー4回目は安藤 友香選手です。パート1

2020年09月03日 | 栄養士の食事紹介

2019年の2月にワコールに入社し、1年半が経ちました。駅伝やマラソンでもチームに大きく貢献してくれる安藤選手に陸上を始めたきっかけや身体づくりについてなどインタビューしました。少し長くなったので来週と分けて2回に渡ってお送りします!

縮小版安藤 友香ando_PKW19Y240419.jpg

『いつどんなきっかけで陸上をはじめましたか?』

小学校1年の時に、高橋尚子さんのシドニーオリンピックを見て感動したときから興味がありました。高橋さんが同じ岐阜県出身ということもあったので。小学校では陸上部はなかったのでバレーなどをやっていたのですが、中学生で本格的に陸上を始めました。

『陸上のどんなところが好きですか?』

苦しいことはいっぱいあるし、うまくいかない時は何でやってるんだろうと思うのですが、努力してやったことが報われたときの嬉しさや感動、達成感を味わえるところですね。
あとは周りの人からの「よかったよ、感動したよ」といわれるのは嬉しいからかなと思います。

『普段の身体づくりでどんなことを意識していますか?』

食事については、高校生の時は、食事=ウエイトコントロ―ルとばかり考えていたので、食べると体重が増えるから食べたくない考えが真っ先にきてしまい、疲労回復とか、身体をつくるような意識はなかったですね。必要な量をバランス良く食べることはしていなかったです。今思い出しても、1日を通して今の食事の半分以下しか食べていなかったので、よく貧血になっていました。
ワコールに入ってからは、栄養士やスタッフに指導してもらって、ハードなトレーニングの後は糖質をとる、3食の食事はしっかり食べて、間食など余分なところを自分でカットする、という食事に変わりました。

『以前は距離走の後に食欲がなくなることも多くありましたね』

そうですね。練習の後はよくお腹が痛くなっていました。そのイメージが強く、食べることにかなり抵抗がありましたが、何回も食べるようにしつこく指導していただいたので、よかったです。笑
  
今は距離走などの後でも、普通に食事がとれるようになりました。

縮小版安藤①.jpg

他にも大きなきっかけとなったのは、ワコールに入ってすぐ、福士さんと一山と一緒に合宿したときに、強い2人が食事をしっかり食べている様子を見たので、2人がやっていることは同じようにやるほうがいいと感じたことですね。
その合宿は、体調管理が上手くいかなく悩んでいたのですが、「自分が変わらない限り何も変わらない」という言葉を知って、周りを変えようとばかり考えていた自分の頑固なところを変えなきゃと気づきました。2人を見ていなかったら今はまだ違ったかもしれないですね。

私は、これまで年に1~2回は大きな故障をしていましたが、今はハードなトレーニングや距離を踏んでも壊れない身体になって、食事の影響で作れていると実感しています。

縮小版安藤②.jpg

縮小版安藤③.jpg

炭水化物、特に白いご飯に抵抗があったので、練習量の多い合宿中などは○〇gとる!と、具体的に量を決めて、食べるようにしました。レバーや納豆は苦手で避けていましたが、身体のことを考えて食べるようにもしました。
特に大切な試合の準備期間は、甘いものは食べないと決めて、試合が終わったら食べる!というのをモチベーションにしているので、終わったら何を食べようか決めるのが楽しみの1つです。

縮小版安藤④.jpg

『1日の練習時間はどれくらいですか?』

朝は普段4:40くらいには起きています。それから...

  
⇒次回来週木曜日につづきます! お楽しみに。

股関節の3ウェイストレッチ

2020年04月20日 | 安藤 友香

こんにちは!
緊急事態宣言が全都道府県に発令されて、より一層コロナウィルス収束に向けた取り組みがされる中、皆さん外出自粛等 ご自宅におられる事が多くなっていると思います。
今回は、前回の坪倉 琴美ちゃんブログ 一山 麻緒ちゃん見本にて紹介したエクササイズ第2弾です!

今回は、見本は、安藤友香・長谷川 詩乃ちゃん・谷口 真菜ちゃんがそれぞれポーズをとってみました!

①.左脚を前に出して膝立ちに、右膝は大きく後ろに下げて両手をお尻に。両手でお尻を前に押し出して右の股関節(腸腰筋)を伸ばします!
安藤 友香1.jpg

②.①の姿勢から両腕を耳の真横に来るように真上に伸ばして、手のひらを向き合わせます。そのまま骨盤を前に押し出して、右の股関節(腸腰筋)とお腹(腹直筋)を伸ばします!
長谷川 詩乃2.jpg

③.①の姿勢から左手を左の太腿に下ろし、右腕は上げたままに。右骨盤を前に押し出しながら、上体を左へ倒して、右の股関節(腸腰筋)と体側(外・内腹斜筋)、背中(広背筋)を伸ばします!
谷口 真菜④1.jpg谷口 真菜④.jpg

①〜③を各30秒ほど、左右変えて行ってみて下さい!
在宅ですと動く事も必要最低限になって、体の色んなところが固まったりします(><)
是非ストレッチやエクササイズをして、疲れを上手く抜いていきましょう!
ありがとうございました!

こんにちは!安藤友香です

2019年10月31日 | 安藤 友香

皆さんお元気ですか?
私達は今熊本県の阿蘇にて合宿をしています!
そしていよいよ、クイーンズ駅伝まで1ヶ月を切りましたっ!!!
チーム内でも駅伝に向け切磋琢磨しながら、毎日の練習を充実したものに出来ています٩( 'ω' )و
ランニング.jpg


そんな今日は10月最後の日。
そうっ!ハロウィンですね(^^)(笑)
宿舎周辺のカフェには、ハロウィンの飾り付けがしてあり、それを見ると心がほっこりします。
1572414681708.jpg1572414676057.jpg


日々走って、走って、走って、、、の毎日ですが、街の風景を楽しみながらのんびり走るのも、息抜きになります(^-^)
風景.jpeg

これからクイーンズ駅伝に向けて緊張も高まりますが、ラグビー日本代表選手にあやかって、「ONE TEAM」(全員駅伝)で優勝目指して頑張ります!!
今後ともスパークエンジェルスを、よろしくお願い致します!

こんにちは 安藤友香です

2019年04月16日 | 安藤 友香

ワコールに入社してもうすぐ3ヶ月になろうとしてます!
毎日が本当に充実していて、1日があっという間です(笑)

そして今は、宮崎にてマラソン合宿を行っています!
宮崎はすごく暖かくて海も綺麗で、自然を感じられて、食材も美味しくて(笑)とても良い所です(^○^)

1555309607725.jpg
夕焼け.jpg

私が日々楽しみにしているのが、毎食栄養士さんに作って頂くご飯です(〃ω〃)

時には、選手のリクエストメニューも作って頂けるので、楽しみが増えます(^^)

今回は私の好きなエッグベネディクトを投稿させて頂きます!
食事.jpg

美味しいご飯をモリモリ食べて、元気に走って毎日の練習を頑張ります٩(^‿^)۶

とても素晴らしい環境で、沢山の人に支えられて陸上に取り組める事への感謝を忘れずに、これからも走っていきます!!

今後ともスパークエンジェルスをよろしくお願い致します!